Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

03/26/2010

HONG KONG

香港国際映画祭に行きました。

香港は昨年の『アトム』プレミア以来です。

25年前

ミュージック・ビデオをここで撮影しましたっけ。

当時はまだ返還前で

異様な九龍城がまだ存在し

どこを見ても猥雑な雰囲気に満ちていた。

ちょっと路地裏を覗けば

ナイフをかざした兄ちゃんが

おっかない眼つきで立っていたり。

そんなところでよく撮影できたなあ。


当時と比べれば

現在の街はずいぶんきれいになったものです。

もちろん

生活臭に満ちた路地はありますが


危険な香りはなくなった。


街の何かが変わりました。

いや、

街というより人でしょうか。


服装も洗練されて

日本とさほど変わりません。


以前は日本人は服装ですぐわかったのに。


子供の頃

「ホンコン」ときくと


「ヤスモノ」「ニセモノ」「インチキ」


そんなイメージがありました。

made in Hong Kong

と記載された輸出商品に

何かに似せたものが目立ったせいです。


偽ブランドものとか。


(だから作ったビデオの題名も『MADE IN HONG KONG』にしたんですが)

いまの香港はそんなイメージを払拭しました。

安っぽいどころか


立派な国際商業都市としての堂々たる顔を持ちます。


反面、


空気がひどく汚れていたり


いたずらに高層ビルを林立させて

気の流れを無視しているさまは


高度成長期の日本を見るようでもあり

少し残念な気もします。

経済の発展や洗練は


必ずしも美しさを伴わないかもしれません。

11:02

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム