Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

03/10/2010

HOBBIES

あまりの忙しさにメゲながらも


隙間を無理くりに作ってでも


趣味と教養は欠かせません。

本を次々に買い込み

数ページずつでも読んでます。


小説は少しで


大半が

研究書とか

学術書、


哲学書の類いです。

残念なことに

マンガはほとんど読んでません。


映画はもちろん

ライブや舞台にも行きます。

この半月で


宮内庁の神楽を聴きに行き


小劇場の指輪ホテルを観て


小牧バレエ団の公演を観て


レバノンのアマーニ女史によるオリエンタルダンスのショーを観て


あと今月は

ヤン・リーピン率いる中国辺境少数民族のダンス再演に行くつもり。

前回の公演ですっかり虜になったので。


どれも好きなので


どれも実に良かった。


こうしてみると


古典からコンテンポラリーまで、


伝統芸能からクラシックまで、


東洋から西洋まで、


守備範囲は広いです。


現在てがけている仕事のほうも


長編映画から

実験映像、


テレビドラマから

音楽ビデオ、


子供のためのアニメから、

大人が観られるアニメまで


同時進行してます。

でも

混乱はしません。

全部好きな仕事ですし


たぶん


過去も現在も

東も西も

わけへだてなく

ただ

自分が信じる筋道が

1本

あるからなんでしょう。

03:26

コメント

生活に困ってない人は優雅でうらやましいです。

投稿者:
りんとき
Mar 11, 2010 5:09:26 PM

こんにちは。はじめまして。鮎子と申します。
ブラックジャックについて検索していたら辿り着きました。


自分が信じる筋道が

1本


ある、というのは本当に大事なことですね。
それがないと結構グラグラとしてしまうものです。
私は結構今その一本を探し中で慌てふためいているところです。
どんなときにその一本の存在を感じるだろうと思うと、日に日に違っていて、その時々の揺らつきに驚いてしまいます・・・。

もうそろそろ自分のハッキリとした道筋を見出したいものです。
揺るがない信念というものを、心におきたいですね。

沢山お仕事、忙しいのは良い事ですね!
これからも沢山頑張ってください!

鮎子

投稿者:
鮎子
Mar 12, 2010 6:25:29 PM

生活に困ってないにこしたことはないけど、生活に困っている人が困らない人になっても、つまらない人は所詮つまらない人生を送るような気がします。

人にはそれぞれ役割があるので、私は病院の事務員、手塚先生は色々なことを吸収して発信する人、奥様は漫画を通して人を目覚めさせる人、そういうことだと思います。


でも私も子どもの頃は貧乏だったので、お金がないことの切実さはよーくわかってますけどね。家に貯金がロクにないギリギリのかんじとか(笑)

投稿者:
ラマナ
Mar 14, 2010 11:39:26 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム