Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

03/31/2010

ASAKUSA

ひさしぶりに浅草に


浪曲をききにきました。

ついでに

落語やら漫談やら奇術やら

イロモノ演芸の数々をみました。

浪曲師の友人がいるもので。


このところ

緊張感ある仕事続きだったので


演芸場の

このユルさはうれしい。


浅草の演芸場にいるという、別の緊張感はありますが。


はじめて来た小屋で


勝手もわからず切符かって

ロビーに入ると

実は楽屋口と客席出入口が同じなんですね。


ぼくが入っていったとき

ちょうど出番の終わった芸人さんたちが帰るところで


すれ違いざまに

「お疲れさまで〜す!」

と声をかけられた。


ち、


違う!

ぼくは客です。

仕事にきたんじゃないよ。

芸人じゃないんだよ〜。

そりゃ、

カタギには見えないルックスかもしれないけど。

しかも

イロモノ専科のような演芸場で。

(T_T)


たしかに


映画業界内ではイロモノかもしれませんがね。


ちょっと、

ショック。


しょうがないか。


沖縄では

よしもとの芸人さんと一緒にステージ出てたからなあ。


浅草は

若い頃よく来ました。

デートしたりとか。


なんて云うとすごい年寄りみたいですね。

昭和ですから、わたし。


香港、

沖縄、

浅草

のほうが


NY、

麻布、

六本木

より落ち着いてしまう。

そう見えないかもしれませんが。

21:24

コメント

ブログの内容とは違うのですが、手塚さんの妹、るみ子さんのラジオ番組が継続されるそうですね。
よかった(*^▽^*)/

投稿者:
Apr 1, 2010 11:34:11 AM

平井理央アナが番組中に鼻水を垂れ流すハプニング映像
2月11日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」で、フジテレビの人気アナウンサー・平井理央が鼻水を垂れ流すというハプニングがあった。


http://hirario.blogspot.com/

同番組による「きたなシュラン(きたないけど美味い店)」というコーナーの中で、市ヶ谷にある料理店を訪れた平井アナだったが、そこで店の名物「わさびめし」を食べた瞬間、その辛さと刺激から、テレビカメラの前で豪快に鼻水を垂れ流してしまったのだ。


http://hirario.blogspot.com/

投稿者:
平井理央アナが番組中に鼻水を垂れ流すハプニング映像
Apr 1, 2010 4:19:18 PM

芸は身をたすけるといいますね。

投稿者:
kouy
Apr 2, 2010 8:38:22 AM

わははっ(^o^)! おつかれさまで~すって声をかけられた時の、手塚さんの複雑な表情が目に浮かびます(笑)

投稿者:
しゃのん
Apr 6, 2010 11:11:30 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム