Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

03/29/2010

OKINAWA

沖縄国際映画祭に行きました。

昨年の『国際ニコニコ映画祭』以来です。

25年以上前に

学生の映画祭に招かれて

訪れたのが最初でしょうか。

日本なのに日本ではない。


それが最初の印象でした。


以来、何度も訪れてますが


近年は本島より

石垣、宮古、西表島に行くことが増えました。

島ごとに(そして地域ごとに)違う顔をみせるのもここならでは。


少しずつ観光地が俗化していることを嘆く声もありますが


やはり沖縄は沖縄。

まだ

むかしのように

時間がゆっくり流れていきます。

慌ただしい仕事の旅とはいえ


ああ

ここには時間があふれている


そう思いました。


時と

光と

海の青さ。

人間の根源のヴィジョンに

ふと

立ち帰れる瞬間がある。


やっと

時間がみつかった。

観光をする暇はありませんが


隙間をみつけて

20〜30分ほど

散歩できましたよ。


街を眺めて

海をみて

空をみて

木々や草花と会う。

もうそれだけで十分。


ヴィジュアリストだから。

これこそがぜいたく。


そして


そこに住む人々の姿。


映画祭に来る若い人々は


芸能人をひと眼みようと集まっていましたが

ぼくは


街を歩く人や

散歩している人、

働いている人たちを


くつろいで眺めていました。

00:28

コメント

少しゆっくり過ごせて良かったですね(*^_^*)。ブログを読みながら、沖縄の青い空や海を思い浮かべて幸せになりました……新潟は雪が降っています(T_T)(T_T)

投稿者:
しゃのん
Mar 29, 2010 10:47:07 PM

シャンパン冷やして待っています。
新店舗はまだ見ていただいてませんね。

投稿者:
sagioka
Mar 30, 2010 8:55:50 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム