Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

03/20/2010

TIME

一番ほしいものは?

と聞かれたら、


もれなく


「時間」


と答えます。


「時間なんか余ってるよ」


というヒトがいるなら


本当に

うらやましい。


忙しい


というだけじゃなくて


すでに圧倒的に

時間が足りないのです。


「時間はつくるものだ」


とおっしゃるヒトも

いるかもしれません。


働き方の効率だというかもしれませんが


それはある程度までの話。


あるレベルを越えると

効率だけではどうにもならなくなります。


たとえそれほど忙しくなかったとしても


時間さえあれば


やれること

やりたいこと


山ほどあります。

やりたいことの前に


やんなくちゃいけないことが

たくさん。


もし

人生が100年あるとしても


たぶん足りない。

200年くらい生きられると

やっと何とかなると思うのですが。

100年の時と


100億円


どっちかあげる、


といわれたら


すかさず

時間をもらいます。

100億円を使う身体には限界がありますが


頭の中は

限度がないので。

19:33

コメント

きっと、治虫さんも同じ答えをするでしょうね。溢れる想像力と伝えたいという思いの強さを感じます。……しか~し私は、100億円を選んでしまいそうです…凡人だなぁタハッ(^_^;)。お仕事をやめて、鞄一つで世界中を旅して友達をいっぱい作りたいなぁ…なんて。でもでも、手塚作品を見られるなら、もう100年長生きしても良いかな(^_^)v

投稿者:
しゃのん
Mar 22, 2010 11:20:00 AM

私も100年かなあと答えます。
夢は長生きすることなので。
そうしたらその分色々世界のことを知れるかもしれませんもんね。
自分にとってそれ以上に楽しいことはありません。

でも、100億円もくれるっていうんだったら
勿論遠慮なく頂きますよ^^

投稿者:
鮎子
Mar 23, 2010 5:10:46 PM

実際には100億円いや10億円でもいいのであれば、やりたくない雑務もせずにすみますし、最新の医学の恩恵にも預かれるので、結果的に長生きできるのではないでしょうか。

一方100年あってもお金が無ければ、生活のためにその時間の大部分を使わなければならず、しかも将来は不安でしょう。

「100年+経済的にそこそこ安定+健康」でしたら100年を選びますけど。

現実的には老後に好きなことだけして過ごすために、今は我慢して貯蓄すべきなんでしょうね。。。

投稿者:
passerby
Mar 25, 2010 11:51:47 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム