Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

04/27/2010

3D

最近メディアで


3D映像


の話題がよく出ていますが

ヴィジュアリストとしてのコメントは

まだ


時期早尚


だと思います。


なによりも

技術が安定していない。

開発経過中という印象です。


話題の『アバター』も含めて

いくつかの3D映画も観ましたが

正直にいえば


見づらさがかなりあります。


映像が表現している

形(光)、動き、色

の明快さに比べると


立体感は、あまりにおぼつかない。


完全な立体

というより

疑似立体

な感じで


たいして効果的ではない。


実際

作り手たちは

過度な立体感を求めず


なにか自然に見えるように


腐心しているらしい。

だから映像は飛び出さない。

奥行きが感じられる程度。

(奥にいくほど立体には見えなくなるんですがね。遠くの山とか)


飛び出す立体映画としては


かつて

ディズニーランドで観た

マイケル・ジャクソン主演の

『キャプテンEO』

がやっぱり、面白かった。

手が届くような


すぐ目の前まで何か飛び出してきて。


もっとも


やはりそれは

遊園地のアトラクション

という域を脱さず


だから


短編でした。

そもそも、


長編には向いていない。

(たぶん疲れてしまうし飽きてしまう)


3D映像を意義から考えれば


情報としての3D


つまりxyzでのz軸にあたる値


それが必要なんですが

いまのやり方だとそこが曖昧です。

それがあれば


たとえば


空間認識が必要な商品や


メールなどにも有効なんですが。


表現


という分野からいうと

それは未来的どころか

退歩であって


ぼくは

消失点をもった遠近方を生んだくらいの


愚挙


だと思いますね。


遠近方以前の表現は


眼で見たかぎりの


外見の写し換えではなく

しっかり

内容の表象であって

たとえば


日本の絵巻物なんかも


高度な


視点の置き換えと意味が表現されていた。

浮世絵くらいまではそうですね。


写実は意味を薄れさせ


よけいな情報を増やしただけです。

映画は


世界を2次元に


しかも臨場感をもって


表現できる


素晴らしさがあったわけです。

そのための

様々なテクニックが開発されてきた。

アップとかカットバックとか。

映画をアートたらしめた

表現のテクニックがたくさんある。

3Dは


それを

台無しにしてしまう可能性が

否めません。


一過性の


見せ物としては


面白いのですけどね。

それでも


3D映像はこれから商品として普及するでしょう。

目新しさはあるし


内容の価値と商品価値は


別物ですから。

08:53

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム