Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

04/17/2010

ONBASHIRA


少し前の話題ですが

下諏訪の

御柱祭に行きました。

7年に1度、

お宮の御柱を取り替える

古くからの神事です。

諏訪神社下社は

手塚系ゆかりの宮でもありますし。

(実際、下諏訪にゆくと「殿」と呼ばれている 笑)


町をあげての祭というのはいいですね。

諏訪の人々は御柱祭のある

7年というのを


ひとつの節目として


生活しているようなところもあります。


祭のハイライトは

なんといっても


「木落とし」。


神社に建てるための

10メートル以上の巨木を

山から切り出してきて


数十メートルの断崖を

一気に落とす。


数百人の氏子の方々に、綱で引かれた大木には


町の勇士が乗り、

そのまま崖を滑り降りる。


見た目にも、かなり危険です。

ときには死亡事故もあるという


この荒っぽい行事は


完全に氏子の皆さんが

自主的に行っている行事で

すべては

町を護り

自分たちを護る


カミさまのためにやっているのであって、

宗教でも

政治でもない


日本人ならではの

古代からの信仰が

いまに残っている

すてきな祭だと思いました。


その日は朝から雨が降り

天気予報も

曇り一時雨

だったのですが

最初の御柱が崖の上から頭を出す


まさにそのときに


雲が割れて


陽が柱にさし

まわりはまだ雨が降り続いているのに

その場所は日焼けするほどの陽差しになっている。


(事実、日焼けしてしまいました)

その後は

するすると晴れて


空には龍のような雲が流れ


笑ってしまいました。


さすが


神事


ですね。

08:10

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム