Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

04/29/2010

PREMIRE

イメージフォーラム・フェスティバル2010にて


新作映画

『MIRAGES』

の上映がありました。


自分の新作を発表したとき


―――作品の本当の完成は


観客にみてもらったときですが

どんな気持ちかといえば

うれしい


とか


ドキドキする

ではなく

「さびしい」

なんですね。


なぜ

「寂し」くなるのか。

何十年、作っていてもわかりません。


作者の手を離れてしまったから?

子供が結婚した親の心境?

かもしれないし、

そうではないかもしれない。

(だって作品は手元に残るものだし)


本当はめでたいことです。


にも関わらず、

世界にひとりぼっちになってしまったかのような


この空虚と孤独はなんだろう。

最近


知り合ったヒトに


「映画を作るって、なにもないゼロから作るんだよね」


と聞かれて

改めて

そうだよな、

と想った。


ゼロから生まれる。


無からの、創造。


それは真実?


映画はどこから訪れるのだろう?

作者の貧相なアタマの中?

それとも、

自然の中?

このところ


日本の表現


というものを考える。

日本人だから


心の奥にある

人類の歴史が

うずく。


日本の感性は


やはり

うつろい

そして

自然(偶然の神秘)。


それを

意識している

自分に気づく。


この世の

あらゆるものに

感謝をこめて。

すべての映画は

神秘だ。


そこに関われることに


人間としての


幸福と孤独がある。

01:18

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム