Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

05/02/2010

IFF

それで


連休前半は


イメージフォーラム・フェスティバル

に入り浸っています。

短編とはいえ


数十本の作品を


毎日観るのですから

疲労もありますが


それでも楽しい。


特に


日本の実験映画は


本当にバラエティに富んでいて


その点では


世界でもユニークだといえるでしょう。


物語性、


人間性、


抽象美術、

日記だったり


つぶやきや怒り

だったり、

混沌だったり

浄化をめざしていたり。


心に残るものもあり


スッ と風のように通り過ぎてゆくもの


冷や水を浴びせられるようなものも。


1プログラム数十分の中に


さまざまな個性や宇宙が展開して


おもしろきかな。


実験映画 って


朝からずっと観てると


だんだん眠くなるんですよ。


特に


抽象的な作品や


だらだらと長い作品なんかね

睡魔と闘いながら観るんですけど

それがだんだん快感になってきて

「もう十分」


とはならず、


「また観よう」


となる。


ちょっと

自虐的かもしれませんが

このへんが


本当の映画バカか


そうでもないか


の分かれ目かもしれない。


とても若い頃に


背伸びして観ていた


ヨーロッパのアートシネマなんかも


みんなそうだった。

今日観た海外の作品には


家の床のホコリなんかがずっと映っているだけの映画とか

まあ


ふつうにドラマや商業映画を楽しんでいる観客には


かなり苦痛かもしれないけれど

これが楽しんで観られるようになると

ホンモノの映画バカなんですね。


ちなみにその床のホコリ映画は


別世界を覗くようで


実に美しかったですが。

好きな作品はたくさんありましたが

中でもささやかな衝撃と

感銘を受けたのは

中国の実験映画で

なかなか珍しい。


リー・ミンという作家の


『櫛』


という作品が、本当に気に入りました。


解体工事中の家屋の中で

パワーシャベルが


女性の髪をすく


というだけなんですが


歴史の渦中にある中国の


緊張が生む美しさ


というのかしら。


近代化と


伝統のはざまに生きる


若者の心境が


胸に迫ります。


上海万博が開催されてますが

こういう作品の展示は


あるのかな。


たぶん


ないだろうな。

23:11

コメント

イメージフォーラムフェス、フィルムのプログラムだけしか見られませんでしたけど、楽しかったです!

手塚さんの MIRAGES の美しさは秀逸でした゚+。(*′∇`)。+゚
私もふっと、あんな世界に迷い込んでみたいです。

投稿者:
しゃのん
May 5, 2010 4:16:21 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム