Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

05/05/2010

FILM DIRECTOR

映画『NINE』をやっと観ました。

とても観たかったのは

ニコール・キッドマンと

ペネロペ・クルスと

ケイト・ハドソンの

ファンだし、

スターの豪華競演もさることながら

やはり

フェリーニの『8 1/2』が原作

(正確にはそのミュージカル化のさらに映画化)

だったからで

悩める映画監督を主人公にした映画


というところが


ポイントです。

映画監督を主人公にした映画は


たいてい


悩める監督像で、

芸術のジレンマ

に悩む


しかし

ダメ男で、


それでも

渋くてカッコイイイメージなんですが

それは映画の中だけのハナシ。


実際には

そんなにカッコよく


素敵な


映画監督なんかいません。


いや

断言できませんが

少なくとも日本には

いないだろうし

『NINE』の

ダニエル・デイ=ルイスみたいに


渋くなければ

そんなに

ネガティブでもない。


もっとポジティブだし


もっとイカレていて

もっとお笑い。

まあ、


「ダメ男」


というところだけは

当たっていますが。


(ちなみに

『NINE』のD.デイ=ルイスは


フェリーニとか

マストロヤンニのイメージよりも


ジョン・カサベテス似だった。


『オープニング・ナイト』あたりの)

「映画監督を主人公にした」映画は


いろいろあって、

もちろん

フェリーニの『8 1/2』、

トリュフォーの『アメリカの夜』、

ゴダールの『パッション』、

アントニオーニの『ある女の存在証明』、


あたりはクラシックで


適度に渋く


「悩める」


映画監督なんですが


もっとリアルに

ダメぶりで

完璧なのは

ティム・バートンの

『エド・ウッド』。

ジョニー・デップ演じる「世界最低の映画監督」は


間違いなくサイテーではあるけれど


これぞ

映画監督の見本で、


同業者として想い入れのできる


とても愛しい映画です。


それから

ロバート・デ・ニーロがプロデュース、出演した映画で


『ミストレス』


というのがあって


(監督はバリー・プリムス)

これもリアルに

売れない映画監督の本当を描いていて


大好きな映画です。

(偶然、そのどちらにもマーティン・ランドーが出演していて、絶妙な名演をみせている)


だから

『NINE』

を観て


「映画監督ってステキ」


って誤解しないでください。

そう思ったら


『エド・ウッド』

をぜひ観て。


それでも


「ステキ」


と想えたら、

たぶん

ステキなのかもしれない…。

18:45

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム