Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

05/09/2010

CALENDAR

立夏がすぎて


暦の上では夏ですが

本当に暑くなりました。


最近は


日本の古い暦をなるべく意識していますが、

意識するほどに


いまは逆に西洋文化の中で生活しているんだなあ


と思います。


つまり


1週間が7日で


日曜が休みというのは


そもそもカトリックのグレゴリオ暦によるもので

16世紀に定められ

今日まで使われている。


その原点は


ユダヤ教で


『創世紀』において


神が6日で世界を造りあげ、


あとの1日を安息日にしたところから。


週という単位は


そもそも日本のものでも東洋のものでもない。


明治になって

取り入れられたもの。

日本では

たかだか140年くらいしか使っていない。


江戸時代までは

もちろん旧暦で、

月の満ち欠けを基準にした

陰暦。

新月が1日で


満月は15日と


わかりやすい。


これに

中国の暦を日本に当てはめた

二十四節気

七十二候。

どれも自然や季節感を意識した

暦です。

休みの日は


毎月1日と


15日、

盆と

年末、正月だけ。


7日ごとに休みなんて

とんでもなかった。

それで過ごせていたんですね。


生活でも仕事でも


自然を意識すれば


リラックスできるし

へんなストレスをため込めずにいられたのしれない。

そうなりたい。

無理に西洋に合わせなくてもね。

ちなみに

よく暦に出てくる


「大安」とか「友引」とか「仏滅」とか


の六曜は

これも明治になってからカレンダーに付け加わったもので


たいした意味はない。


原点となった中国でも使われていない暦だそうで


気にすることもないようで。

16:26

コメント

旧暦で自然を意識して生活していくというのは、とても共感できました。一般的には難しいことかと思いますが、個人で仕事をしている身の私としましては、これからの生活サイクルの考え方が変わってきそうで、良かったな。「大安」等も気にしなくていいのですね。四季折々に咲く花や木々に囲まれているので、これからは月の満ち欠けと共に、生活していきたいと思います。すてきなご提案ありがとうございました!

投稿者:
さくら
May 10, 2010 2:24:09 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム