Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

05/11/2010

EXPRESSION


「表現」

ということばには

ふたつの意味があります。


自分の個性や考えを主張しようとすること、


自然や世界の奥に秘められた意味を顕そうとすること。


それは


自分の存在を個としてみるか


自然の一部として捉えるか


の違いかもしれません。


ぼくは


できれば後者でありたいと想っています。

「えっ」


と思われるかもしれない。


ぼくの作品は個性的で


自我が強いと見られているかもしれません。


結果はどうあれ


考えは違うのです。


作家は


頭で何かを生み出すより


心で生み出す方がいい。


頭を使うのは


テクニカルな部分の


最期。


まず


心に何が浮かぶか。


それは


とても自然でなければならず


その時、


場所、


条件の中から


見えてくるヴィジョンが大切。


極端な話、


作家は巫女みたいなものなんです。

自然の発するメッセージや意味を


敏感に感じ取って


形にする。


駄目な巫女は


見えてきたヴィジョンに


必要以上に


自分の意見を混ぜすぎてしまう。

すると


せっかくの神秘的メッセージが台無しになることもあります。


自然に何かを生み出したい。


それは


「そのままでなにもしない」


「なにも手を加えない」


ということでは決してなく

「そうせずにはいられない」


意識に逆らわず

「そうなってしまう」


流れに逆らわない。


たとえ意味がわからずとも。


だから


ときとして


自分の表現は


自分の意志ではない場合もあるし


思いもよらないこともある。

若いときは


作品をなんとか自分のものにしようと


あがいてましたね。


いまは


なすがまま


あるがまま


でいいと思っています。

もちろん


その前に


自分が何に向かっているのか


気持ちを落ち着かせて

ゆっくり


想いをめぐらす


時間が必要なのですが。

22:55

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム