Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

06/28/2010

KAGURA

国立劇場で


雄勝法印神楽


を観ました。


宮城の石巻市に600年伝わる

山岳宗教(山伏)系の神楽です。

全28番あるうち


今回の公演では9曲が舞われました。


土着の素朴な神楽かと思ってみたら

びっくり。

踊りが独特なのはもちろん、

まるで美しい儀式を眺めるような


洗練された身のこなし。

無駄なくキリッとした動きと構成、


演者の凛とした佇まい、

そして深い ・・・というより相当にクレバーな古えの表現。


湯立ての神事からはじまり


二刀はふるうわ


アクロバティックに天井からぶら下がるわ


本物の赤ん坊は出てくるわ


天から大蛇は現れるわ。

ステージ・アートとしても十分楽しめる。


しかしもっとも気に入ったのは


ありがちな仏教説話がなく

ほとんどが日本神話をモチーフにした


自然神秘主義で

さすがは山伏

数秘術や神秘幾何学までも踊りに取り込んでいる

(ように見えた)。


山伏といっても

西とはまた違う


古代日本が息づく

東北の地のマジック(知性)。

さりげない所作や謡いのことばつきにも


そうとうのインテリジェンスを感じてしまい


感動しました。


これはいずれ

全28番をみなくちゃいけない。

最近、


古代日本の

(ということは古代世界の)


知に巡り会えると


胸が熱くなります。


それらは

常識はずれなくらいに

自然だから。

01:01

コメント

雄勝法印神楽存保会の伊藤です。当日18名のうちの一人です。公演出来るのも夢のようでしたが、好評いただいたので大満足です。
 秋祭りは10月19日(火)11時~16時
 夜神楽は18じ頃から21時頃まで奉納します。
春祭りは旧暦3月半ばから4月はじめまで、5神社で奉納します。資料必要でしたらお送りします。

投稿者:
伊藤博夫
Jun 30, 2010 12:14:55 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム