Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

06/16/2010

OCCULT

しばらく映画の脚本執筆を続けていたのですが


内容がふつうのドラマというより


少し心の深い部分に触れねばならず

心の深い部分は世界のコアとつながっていて

神話から心理学、


歴史から文化史を紐解いているうち


心の奥をだいぶ巡って


ふらふらになりました。


ただの疲労とはまた違う疲れです。


1日中、軽い貧血のような状態で


手すりに捕まらないと

階段も降りられない。

神経は鋭く過敏になって


すぐ身体に表れます。


肌あれ、消化不良、眠りが浅い。

そういう仕事なんでしょうがないんですが。


その間は身体の電圧も不安定といいますか


変に帯電していて


電気器具をヘタに触ると

壊します。

照明なんかも

スイッチを入れた途端に次々に電球が切れたり。


散々です。

軽いオカルト状態ですね。

ものや人の隠された本質について

触れようとするから


どうしてもこうなってしまうんです。

世界の奥の微妙な問題は慎重に扱わなければなりませんね。


執筆は

あとひと息です。

16:26

コメント

手塚さんのセンサーの繊細さには驚かされます。

人が触れてはならない秘密に触れようとする時、不思議な事が起こるのかもしれませんね。

しゃのんは、手塚さんの撮影が楽しみで、最近よく眠れません(笑)

くれぐれも、お体に気をつけてくださいね。

投稿者:
しゃのん
Jun 18, 2010 11:11:52 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム