Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

07/13/2010

LYON

街に出会ってしまうことがある。

どういう意味かというと


偶発的に巡り会った街そのものに恋をしてしまうということ。


新潟がそうだった。

下諏訪も。


そして新たに、


リヨンに巡り会えて


本当にうれしかった。


ここは


自分の街だ。


ぼくを受け入れる


街だ。

リヨンは、

パリとマルセイユの間にある

フランス第二の都市。


永井荷風の

『ふらんす物語』

はここで書かれた。


それはどうでも

まったく理由なく気になっていたので


パリに行ったついでに足をのばしてみた。


一応、シナハン。

(シナリオ・ハンティング)

次回作のシナリオのための取材。


といっても


リヨンの映画を撮るわけではないです。

それなのにわざわざ訪れたのは

まったくのインスピレーションでしかない。

いや、

リヨンがぼくを呼んだのだ。


紀元前のローマの遺跡が残る


この街には

ルネッサンスの栄光と


モダンアートのときめきが同居する。


ソーヌとローヌ


ふたつの川の周りに


伝統と新しさが無理なく調和して並ぶ

美しい(かわいい)街。


フランスと

イタリアと

スイス(アルプス)が同居する


ユニークな土地。


世界遺産になっている

旧市街の


迷路のような狭い通りには

「トラブール」と呼ばれる不思議で美しい抜け道が交差し、

別世界に迷い込んだような楽しい錯覚がある。

名の通り


ライオンの国であり


ザ・獅子座のぼくには嬉しい

そして


星の王子さまの街でもあって

(サンテグジュペリはここで生まれた)

人形やミニチュアの街でもあり

(ギニョールのショーやオートマタの博物館がある)


なによりここは


世界の映画誕生の地。


中心街から少し離れてある


「リュミエール博物館」


映画の生みの親・リュミエール兄弟が住んでいた邸宅を改装したミュージアムで

初期の映画技術のすべてが展示されている。


(驚いたことに20世紀初頭から3Dの技術も!)


その邸宅の裏で撮影された

「工場の出入口」

のフィルムが世界最初の映画であり

工場はなくなったが


その遺構と場所はまだしっかり残っている。


(三脚を構えただろうポイントも)


約115年前だ。


そこでいま8mmを撮った。


映画の歴史と現在。


リヨンにはそれがある。


事実ここには小さな映画会社がたくさんあり、


きれいなスタジオもある。

いつかここで映画を作るのだろうか。


いや、

もう始まっている。

22:27

コメント

こんばんは。

とても充実した旅だったのですね。
是非詳しくお聞きしたいものです。

土地が呼んでいる感覚、なんとなくわかります。
私の場合は街とかじゃないんですが、
ちょっとした場所だったり空間だったりします。
ほんとに一角だったり、
ただ一つそこにあるものからだったりしますが。

たとえば、幅2mくらいの川に、幅40cmくらいの橋のような板がかかっているところ。
この間はずっとそこに居座ってしまいました。


新しいものと古いものが折り重なる街は
あまり行ったことがないのですが、
印象に残っているそういう街の一つが
エディンバラでした。

とても古臭くて、良い感じなのですが、
(もしかしたら新しいものなんかなかったかもしれませんが)
なんとなく、新しい感じもして魅力を感じました。

もっといろんな場所、国を見て回りたいです。

投稿者:
鮎子
Jul 14, 2010 11:46:56 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム