Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

07/21/2010

HAYABUSA

7年をかけて地球に戻った

世界初の惑星間往復探査機


はやぶさ


を紹介する番組に出ました。


幾度もトラブルに見舞われたはやぶさくんは

そのたびに奇跡の復旧を遂げるのですが

JAXAのプロジェクト・リーダーの方は


都度、苦渋に満ちた決断を迫られ

「背に腹は変えられない」

と語ることばが印象的だった。


その数日後。


長野の山道をマイカーで登っていて


エンジンがオーバーヒートしてしまった。

車検から戻ったばかりで


ぬかりなく整備してもらったはずだった。

見ると冷却水がなくなっている。


どうやら漏れているようだ。


片車線でガードレールもない狭い山道。


近くには店はおろか、


民家もない。

しかも携帯は電波が弱くつながらない。

万事窮す。


とりあえず、エンジンを止めて冷まし、


直前にたまたま汲んでいた天然のわき水を冷却水に足した。

背に腹は変えられない。

多少回復したエンジンで

なんとか山の上のバイパスまで移動。

幸いあったガソリンスタンドで応急処置。


それから街までなんとか降りて、


30キロ離れた整備工場までびくびく走る。


診てもらうとやはりラジエター内で液漏れしているとのこと。

修理には数日を要す。


もちろん、


そのまま乗って東京までは戻れない。


こうなると本当に


背に腹は変えられない。


松本の工場に修理をお願いして


レンタカーを借り、


東京に帰還。


帰り道は渋滞で


馴れぬ車で6時間のドライブ。


まあ、


はやぶさくんの7年に比べれば


なんてことない距離だが。

愛車は


まだ旅から戻ってこない・・・。

20:42

コメント

遠い山の中でのトラブル・・想像するだけでゾッとしますね~。うちの夫ならパニック起こすかも~(苦笑)

どんなときでも最後に背に腹は変えられないっていう覚悟ができるかっちゅーことですよね。

投稿者:
ラマナ
Jul 22, 2010 7:15:13 AM

あついですね。

投稿者:
kouy
Jul 22, 2010 3:50:23 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム