Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

08/05/2010

JOMON


最近


旅先に必ず縄文の遺跡があって


博物館が併設されているので


見学しています。


まあ


縄文の村は

日本中にあったけれど。

先日、ふらり寄った蓼科の縄文館は


ちょうど開館10周年の日で


無料で入館できた。


ここには「縄文のヴィーナス」がいらっしゃる。

彼女は珍しく五体満足で発掘された土偶で


ツン、としたお顔に


ヘルメットのような

奇妙な帽子をかぶっている。


だいたい縄文の土偶は

意図的に壊されていることがふつう。


長岡の馬高遺跡に併設の縄文館はオープンしてまだ1年。

こちらは最初の火焔土器が発掘された土地で


大量の火焔土器が展示されている。


複雑で幾何学的な

デザインは


世界のどの国の遺物とも異質な


ONE & ONLY


の存在。

考古学者は


「儀礼」


のひとことで片づけるけど

それらが本当に意味するものは


なにも伝わっていない。

そこから

館内にあったパンフレットを頼りに、


同じく新潟の


十日町市博物館を訪ねる。


(十日町はウチのご先祖の土地だ)


近くの笹山遺跡で見つかった


いまや国宝の


火焔型土器が展示されている。

神秘的な美しさと迫力に圧倒される。


地元の方がいうには


まだまだ


遺跡は半分も発掘されていないそうだ。


このあと


なにが出てくるのだろう。

縄文人は


知れば知るほど

謎だらけだ。


1万年あまりを暮らしていた

(天皇家は2700年、キリストはたかだか2010年)

彼らの文化は


如何なるものであったろうか。


そして


(一度も滅んでいない)


日本人に

どんなDNAを伝えているのだろう。


そんな秘密を想像できる


楽しさこそが


真のエンターテインメントなんだと想う。

02:09

コメント

縄文好きなんですね。

投稿者:
kouy
Aug 13, 2010 7:30:41 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム