Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

08/23/2010

PROGRE


灼熱のなか


奈良から生駒山をめぐり


京都に立ち寄って


東京に戻りました。


奈良では


信貴山で中国、韓国、日本のこどもたちに話をし

京都では


秋元康さんとひさしぶりにご一緒。


東京に戻っても暑さ変わらずで

そんな中、

日本初の


「プログレ・ロック・フェス」


が行われたので

駆けつけました。


「プログレ」

いまの若いヒトにはピンとこないかもしれませんが

だいたい70年代に


ヨーロッパを中心に


ロック・ミュージックに


クラシックや


ジャズや


トラッドの要素を入れて

コンセプチュアルでアーティスティックなアルバムを発表する


バンド・ミュージックのこと。


特にコンセプトは


古代 やら 未来 やら


魔法 だったり 夢 だったりと


非現実 というか 別世界 というか

広い意味のファンタジーを扱っていて

・・・

なんて説明は いいか。

出演は


日本からは


四人囃子

(高校時代にさんざん聴いた)

UKから


ルネッサンス



スティーブ・ハケット・バンド

と聞いて

興奮するヒトは

少ないかもしれませんが

プログレ好きでしょうね。


案の定


日比谷野音に集まったのは


平均年齢(推定)45歳くらいの

おっさんたち。


ちょい白髪


ちょい頭うすくなった


おっさんたちの集団が


暑い昼間 っから


集うさまは

コンサートというより

競馬場のようでした。


まあ


自分も オッサン


なんですが。

でも


スティーブ・ハケットは

ジェネシス時代の曲もやってくれたし


ライブはよかった。


ふつうのプログレ・ファンは


ピンク・フロイド

とか

イエス

とか


EL&P


あたりを聴いていたと思いますが


ぼくは


ちょい遅れたので

マイク・オールドフィールド


から


ゴブリン


とか


ポポル・ヴフ


あたりなんですね。


そうか、


ホラー映画のサントラか。

23:47

コメント

手塚さんは和歌山の高野・龍神スカイラインでドライブした事ありますか?

あそこは自然がいっぱいあります。(というか田舎だからかも)

手塚治虫漫画に出てきそうな自然です。
何もない所ですが(すでに行かれてるかもしれませんが)オススメします。

投稿者:
Aug 24, 2010 3:17:05 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム