Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

09/06/2010

SEXIE


若い頃

好きだった映画の1本


『世にも怪奇な物語』


がレイトショー上映されていたので

観に行きました。

DV‐Camによるデジタル上映だったので

画質や色は残念だったのですが


それでも今となっては古典的な作風は


映画らしい映画として


最近のえいがの数倍は楽しめました。


この映画は

3人のヨーロッパの巨匠が

3つのショート・ストーリーを担当した

オムニバス映画のハシリで

ロジェ・ヴァデム


ルイ・マル


フェデリコ・フェリーニ


が競作している


夢のような組み合わせ。


もともとの企画では


ベルイマンと


ゴダールと


キューブリックも


企画に上がっていたというから

実現していたら


どんな素晴らしいカルト・ムービーになっていたことか。


俳優も豪華な競演で


ジェーン・フォンダと

ピーター・フォンダが

姉弟共演し

アラン・ドロン

ブリジット・バルドー

が火花を散らし


テレンス・スタンプ

がひたすらイキっぱなしの怪演を魅せる。

ぼくはそのフェリーニのパートが大好きで


一番「怪奇」がわかっている感じで


(ホラーではなくてね)


そこだけ観たくて


何度もこの映画を観ましたが


子供の頃は正直


ロジェ・ヴァデムとルイ・マルのパートは退屈だった。


ひさしぶりに観ると


どれも見応えがあったのは

なによりも

役者のスゴ魅につきる。


むかしの俳優は


色気がありました。


ロジェ・ヴァデムが

奥さんを悪女に仕立てた

ジェーン・フォンダの

セクシーぶりはいうまでもなく

ピークをすぎたアラン・ドロンも


ちょっと柄じゃない

BBも


顔を観ているだけで

うっとり


引き込まれるような


魔法のような魅力がある。


いまの役者で


誰がこれほど色気があるのか。


ジョニー・ディップ?

たまにアントニオ・バンデラス?


女優は


ニコール・キッドマン?

アンジェリーナ・ジョリー?


でも

かつての女優にまったくかないません。


日本には誰がいますか?


かつては


三船がいて


雷蔵がいて


勝新がいた。


京マチ子や

山本富士子がいた。


いまは誰が色気ある?

22:07

コメント

いまは誰が色気ある?
だれかなあ。

投稿者:
ようあ
Sep 11, 2010 9:42:46 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム