Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

09/17/2010

NEW AGE


またまた映画の話ですが


あまり話題になっていない


『ヤギと男と男と壁と』


という映画をみました。

いわゆる単館系の小品ですが


拾いものというか


かなり面白かった。


アメリカ軍が超能力者を訓練して

戦地に送り込むという


とんでもな話なんですが


SFじゃなくて


なんと、実話に基づくという。


ベトナムからイラクへ、


70年代から21世紀へ、


アメリカの退廃した精神史のようでもあり、

いわゆる


「ニューエイジ」

ムーブメントを包括するような


シニカルな怪作。


ジョージ・クルーニー、

ジェフ・ブリッジス、

ユアン・マクレガー、

ケビン・スペイシー


という名優たちが


ばかばかしいことを大マジメに演じているのも


見所というか


すごく笑えます。


その中で、屋根から落ちたジェフ・ブリッジスが

したたか頭を打って、


「ティモシー・リアリーを見た」


という台詞があって

つい吹き出してしまった。


「ヒッピーの教祖」

ティモシー・リアリーは


もちろん、もう亡くなって久しいけれども

ぼくは

「ティモシー・リアリーと一緒に温泉に入った」


という

人生でも1、2を争う


とんでもないエピソードがあります。

(「手塚治虫とハリウッドで『スターウォーズ』と『未知との遭遇』をハシゴした」、 「黒澤明を頭の上から見おろした」 というエピソードもありますが)


実は


地方で行われたバーチャル・リアリティのシンポジウムに一緒に出演して、


(それだけでもスゴイ思い出ですが)

夜、宿泊していた温泉ホテルの大浴場に行くと、

なんと


ティモシーがひとり入浴していたのでした。

しかも、

湯船に仰向けで


ぷか〜っ


と浮いていた。


(◎o◎)

まるで『アルタード・ステーツ』の瞑想タンクのように・・・。


どう話しかけていいものか

迷った挙げ句


結局、あまり会話はしなかったのですが。


ティモシーはシンポジウムでぼくの話をきいた後、

ニコニコしながら言った。

「特別な装置や会話がなくても誰かの体験を自分の体験として感じられる。それが究極のバーチャル・リアリティだ」

と。


ヤギと超能力者の映画を観ながら、


ティモシーの愉快そうな笑顔を思い出して


つい微笑んでしまいました。

01:47

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム