Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

09/23/2010

HIDA


飛騨、高山に行きました。


奥飛騨の


福地温泉に1泊したのですが

飛騨の山々に囲まれた


なにもない、

いや


自然と空気と水がいっぱいある

静かなたたずまいの村で

落ち着くいいところでした。


がさがさした賑やかな観光地は苦手なんです。


さて

ここからが本題。


そこの旅館の売店で


妻が1冊の本を見つけた。

『裏古事記』


という奇妙な書で

郷土史か何かと思いきや

日本史の裏に秘められた事実を暴露する


過激な本。


著者は

山本建造さんという


地元の研究家の方で

自称超能力者なので

ちょっと怪しい感じ。


ところがその翌日。

白川郷まで足をのばして


今度は高山市内に宿を取ったのですが、

町はずれの高台にある旅館へ辿り着くと

その向かいの

鬱蒼とした木立の中に

「福来博士記念館」

という看板を見つけた。


え、


福来博士?

まさか、


福来友吉?


おそらくピンと来るヒトは少ない名前だと思いますが、


超常現象やオカルト好きなら知っている。


福来博士は


明治生まれで

日本の超心理学者の草分け的存在。


特に

世界ではじめて「念写」を発見し、


数々の実験を行って


学会で発表された方。

東大の教授だったが、

超能力者に月の裏側を透視させ、

念写させるなどしているうちに

マスコミに叩かれ、


大学を追放された。

晩年は

高野山大学で教鞭をとる。


その福来博士の記念館がなぜここに?


と思ったら


博士は高山の出身だそうで

しかも、


その私設記念館を創立したのは、

福来博士に師事していた


山本建造氏。


あれ、


その 山本 って・・・


まさか、

なんと、


1日前に妻が購入した


あの本の著者じゃないですか。

(◎ o ◎)


まったく情報なく来たのに

まるで決められていたかのように


記念館を訪れている。


こういうのは


「面白い偶然の一致だね」


で片づけられてしまう話ですが

ぼくらは

こうした出来事に大きな意味を見て取ります。


偶然の一致は

魂の道しるべなんです。

このページの左側に

ぼくの個人オフィス


「ネオンテトラ」


へのリンクが貼られていますが

その事務所名「ネオンテトラ」は


ぼくのスタッフすら知らないことですが


かなり以前に企画した映画の題名に由来しています。

その「ネオンテトラ」という映画には


「福来博士」というキャラクターが登場します。

もちろん


福来友吉博士をモデルにしていた。


また、


このページの名前は


「6D」。

これは

「6次元」を意味しますが

山本建造氏は


その「6次元」を若き頃から提唱され、

研究してきた方。


つまり、


彼らはぼくの人生に無関係ではないのです。


そして


このことは

明らかにプライベートなメッセージを発している。


記念館に展示されていた福来博士の遺品に


博士がロンドンで開かれた

「国際超心理学会」

で講演したときの草稿が展示されていたが、

その題名は


「Misticies」。


紛れもなく


ぼく個人に向けられたメッセージなのです。

まるで山本氏が超能力で呼んでいるような感じだが

残念ながら

山本氏は数年前に他界されたようだ。


思念は残る。

福来博士はそれを証明していた。

00:35

コメント

初めまして(^-^)

お仕事がんばってくださいねぇ~(o^-')b

投稿者:
とまと
Sep 30, 2010 2:21:05 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム