Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

04/08/2012

せんでん

えー、
いくつか情報を。

まず、ニコニコ動画のイベント「ニコニコ超会議」で
ムービーをやります。
http://nicovideo.jp/

すでにネットに情報が流れていますが

『魔法少女まどか☆マギカ』の実写映画化!

ではなく、

ヲタク落語
『マギカ調べ』という、
まどマギと名作落語『大工調べ』を足したパロディで
ニッポン放送アナの吉田尚記さんがコミケでやったネタを
映画化するという
無謀な企画。

キャスティングがさらに無謀で
(ぼくのアイデアではないですが)
中川翔子がまどか、
松嶋初音がさやか
はいいとして、
西村ひろゆきがほむら
ってそれはありですか?
しかもキュウべえがドワンゴ取締役の夏野剛、
お奉行様に田原総一朗
て反則じゃないですか。
つまり出演者がほぼ全員役者ではないという。

まあしかし、
学生時代に撮っていた映画の出演者は素人だったし、
デビュー作『星くず兄弟の伝説』の主役はミュージシャン、
『白痴』のヒロインたちは映画初出演、
『ブラックキス』にはたくさんの現役モデルが出演、
と、ぼくのキャリアには俳優以外の出演者がたくさんいる。

『妖怪天国』というVシネマでは
手塚治虫、水木しげる、馬場のぼる、楳図かずおに芝居してもらったこともある。
無茶なキャスティングが好きなのかもしれない。
あれも時代劇だった。
こんども舞台は江戸。
さてどうなるか。
ショコタンのまどか、かわいいですよ。
ニコニコ超会議は4月28、29日に幕張メッセで。

ショコタンとの仕事は楽しく、
感慨深いものがあった。
なぜなら、
ぼくは彼女のお父さん(故中川勝彦さん)と仲良くて、
映画に出てもらったこともあるから。
カッちゃんの娘さんなんだ、
と思うとつい顔がゆるむ。
カッちゃんも美人だったけどね。
ちなみに初めて会ったのは『ねらわれた学園』で共演したとき。
あれも薬師丸ひろ子主演のアイドル映画だったっけ。

意外にアイドルに縁があるんですよ。
『おにゃんこ・ザ・ムービー』(おにゃんこクラブ)にもちょい出演しているし、
モーニング娘。とも舞台の仕事あったし。

というわけで、
乃木坂46の2ndシングル「おいでシャンプー」が5月2日にリリースになるが
その映像特典「33人のデート×乃木坂46」の1本を1日で撮った。
33人のメンバーを33人のクリエイターがデートしつつ撮る
という楽しく無茶な企画。
ぼくがデートしたのは中田花奈さん。
富士の樹海深くで謎のデートになった。
演技未経験の中田さんに演技をつける…
そんな仕事ばかり。
http://www.nogizaka46.com/


ここまではアイドル系のネタだが、
映像専門家向けのディープな実験映像の新作上映もある。

『MOONS』
という20分ほどの短編映画。
なぜ実験かというと、8ミリフィルムを暗闇で手探りしながら作る
という
かなりあやしげな映画だから。
やっぱり、8ミリの作品はほっとする。
ふるさとに帰った感じで。

イメージフォーラム・フェスティバル2012で上映される。
http://www.imageforum.co.jp/festival/

4月30日、5月3日に新宿、
6月21日には京都でやります。
ひさしぶりの8ミリ映画はちょっと先祖返りした気分。


せんぞ

また別の宣伝。
『陽だまりの樹』が舞台とNHKドラマになった。
偶然、企画が重なったようだ。
手塚治虫が自分の先祖をモデルに幕末の人間ドラマを描いた骨太の作品。
ということは、自分の先祖の話でもある。

もちろん虚実とりまぜて描かれたマンガだから、
すべてが事実というわけじゃない。
けれどもうちの菩提時には主人公である手塚良庵の墓がちゃんとある。
幕府に仕えた医者で
蘭学を学んだというのは事実で、ぼくの曾祖父にあたり、
実家に肖像画も残っている。

ドラマでは成宮寛貴さんが、
舞台では上川隆也さんがその良庵を演じる。

かつて舞台でその役を演じたのは中井貴一さんだったが、
中井さんとは実は高校の同級生。
奇妙な縁だ。


せいけい

その中井さんも通った母校、
成蹊学園が創立100周年だそうだ。
なかなか私立で100年は少ないだろう。

ぼくは小学校から高校まで通った。
ということは、
小学校の同級生は12年間一緒だったことになる。
数年前に同窓会があって
30年ぶりに皆に会ったのですが
小学校の同級生のほうが不思議とよく覚えていた。
当時からとても美人で憧れていた方にひさしく会い、
はじめて会話らしい会話を交わした。
いまさらだけど
とても嬉しかった。

成蹊は精神を鍛錬する学校だ。
武士の子供を預かる塾のような趣があった。
創立者、中村春二の想いが継承されているのか
朝礼では精神統一の凝念をし、
水泳となれば赤フンドシで泳がされた。
小学校のとき、千葉の海で4キロも泳がされたのが懐かしい。

ぼくは家から1時間以上かけて通っていた。
小学生の足にはこたえたけれど、
精神的に鍛えられて忍耐を学び
良かったと想っている。

04:07

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム