Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

02/13/2013

FILM, FILM

年に100本、映画を観るのが目標なのですが
なかなかそんなに観る時間がない。

でも、今日はたっぷり映画に浸ろうと思ったんですね。

その気になれば
1日に3本は観たい映画に行ける。


ちょうど試写の案内がいくつか来ていたので
試写会のハシゴをしてみようと。

映画会社の試写室で行われる業務試写というやつです。


ワクワクしながら
最初の映画会社に20分前に到着すると
「すみません。満員で入れません」
と断られる。

……。


まぁしょうがない。
マスコミ受けのある話題作なのだろう。

次の映画の試写まで時間が空いたので
映画館に行こうと考えたんですが
ちょうどタイミングが合う映画がない。
どの映画を観ても、次の試写に間に合わなくなるんです。

仕方がないので
喫茶店でお茶して潰しました。


で、
次の試写会には30分早く着くと、
こちらはまだ余裕で席がある。


よし。

と席を確保していたら
開始時間を過ぎても映画は始まらない。

いやな予感がすると
主催者が申し訳なさそうに出てきて


「すみません。機械のトラブルで本日は上映出来なくなりました」

だって。

……。

仕方なくそこを出て
じゃあ、やっぱり映画館に行こうと決意して

前から観たかった映画を選んで行くと、

10分の差ですでに始まってしまっていた。


………。

なんで、
今日は映画が観れないの!?

せっかく1日空けたのに!


映画に振られた感じ。

まぁ
そういう日もあるさ。

21:24

コメント

そういう日もありますよ!

投稿者:
バポレップ
Feb 26, 2013 11:27:27 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム