Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

03/09/2013

HATE

ヴィジュアリストとして
納得できない日本の姿。


まず

電線。


なんでこんなにもぐちゃぐちゃに醜く張り巡らせるのか。

景観も自然もあったものじゃない。

それがキッチュだと映らなくもないけど

いや、
やっぱり汚ないわ〜。


いったい、
誰のどんな指示であんな酷い仕事をしてるんでしょうか。

「電気さえ使えれば文句言うな」

という声が聞こえてきそうです。

それから
幟(のぼり)。

ホラ、お店の前とかに
たくさん並んでいるじゃないですか。

中にはボロボロになって汚れて傾いた幟を
平気で放置してあるところもある。

や〜、
片付けてほしいっすよ。


だいたい
店の前の幟は
何を目的に並べられてるんですかね。

「ここに店がありますよ!!!」

という誇示でしょうか。


店なんか看板ひとつあれば主張できるでしょう。

前にも横にも看板を並べて
幟も立てて
しかもポスターもベタベタ貼って…

そんなグチャグチャじゃ、
かえって店は埋もれてしまいますよ。

日本の商業は
宣伝が過剰。

タクシーの中にまでテレビがあって広告を流しているでしょう。


あ〜
うるさい
うるさい。


もっと品よくできないものか。

実際、それらがどのくらい効果があって
どの程度必要なものか

よく考えてほしいです。

アニメやマンガみたいなキャラクター、絵を使った告知物があるじゃないですか。

実は

大っ キライなんですよ。


マンガの家に生まれたからじゃありませんが

何でもマンガに表現してしまう
そのノリ、

なんとかしてほしいです。

幼稚な感じがしちゃうんです。


マンガそのものが幼稚
とは決して思いませんが

使い方が安直というかダサいというか。

最近は行政なんかでもマンガのようなキャラを使うでしょう。

そうすれば親しみがわくだろう、
みたいな感じで。


こどもじゃないんだから。


国民の目線を意識してはほしいのですが

媚びてほしくはないんですけどね。

そして
一番イヤなもの。

映画館で流れる
盗撮防止キャンペーン「映画泥棒」のCM。


キャンペーン自体はいいんですが
あの映像あの音楽あの演出
なんとかしてほしいです。

1800円払って
ちょっと豪華な気分で映画を観に来て
さあ楽しもう
という鼻先に
あの安〜い感じの三流のCM…

我慢できませんよ。


しかも必ず本編の直前に流す決まりなんでしょう?

いつもそこで辛くて眼をつぶってます。


だいたい
あの告知は誰に向けて何のために作っているのか。

「盗撮は犯罪です」
といいながら、
その行為を面白おかしく朗らかに見せる必要がどこにある?


犯罪者があれを見て
反省したり心変わりしたりするだろうか。

たとえば麻薬撲滅キャンペーンで
注射器の仮面をかぶって調子よく踊ったり
レイプ魔が狼の格好で音楽に乗せて女性を襲うCMを見せる意味があるのか。

犯罪と言うからには
もっと毅然とした態度を見せろ
といいたい。


そもそも
なぜ盗撮が犯罪になるのか
なぜ違法なのか、
そこをちゃんと伝えていない。

安いリズムでテレテレ踊るのを見せられているだけだ。

印象に残ればなんでもいい
というものじゃない。



「映画館でダサいキャンペーンCMを流すのは犯罪です」


予算が少ないのはわかるが
コンセプトとセンスに頭と心を使ってほしいのです。

いっそのこと、
ぼくに作らせなさい。
映画と観客のためなら、ノーギャラでもやりますよ。

10:24

コメント

確かに幼稚という表現がピッタリかもしれませんね。

投稿者:
バポレップ
Mar 9, 2013 7:20:36 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム