Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

03/23/2013

INTERMISSION

ずっと更新を怠っていて

ぜんぜん書いてないわけではなくて

書いては消し、書いては消し
の繰り返しで。


カジュアルに書くのは
自分には難しいですね。

今日どこにいった、
何をした、
何を食べた
とか。


ちょっとそんな話を。


今月頭の話ですが

愛媛に仕事で行って
地元の知人に教えてもらった
港町の商店街の寿司屋に行ったら
カウンターの横に大きな水槽があって
漁師でもあるご主人がその日の朝に捕ってきた地魚が泳いでいる。

握りを頼むと
その魚をその場ですくっておろして
握ってくれる。


こんな贅沢はない。


如何に東京の築地に美味しい魚が送られてくると言っても
これには敵わない。

しかも
そんな新鮮な魚をお腹いっぱい
ふたりで食べて
お酒も飲んで
8千円程度。


だからどうした、
という話題ですよね。

では
最近みた映画の話。


アカデミー賞を捕った
『アルゴ』を遅ればせながら観に行ったら、

なんと
ロディ・マクドウォールが重要な役どころで出ていた。
(正確には「映っていた」)

彼はぼくが一番尊敬する俳優で
すでに故人です。

ちょっとしたサプライズでした。

レオス・カラックスの13年ぶりの新作『ホーリー・モータース』と
クロネンバーグの新作『コズモポリス』が

どちらも観念的な寓話で
ほんの1日の物語で

しかも主人公がずっと大型リムジンに乗っている
というのがまったく共通している。

偶然の一致だと想いますが


カラックス映画のかつてのミューズ、ジュリエット・ピノシュが
クロネンバーグ映画のリムジンに乗って
主人公とファックしているのは
あまりに出来すぎというか


最悪の皮肉。


そこに
西洋資本経済と
映画産業の終焉を予感する

などというつもりはまったくない。


レオスとぼくは歳も近く(彼がひとつ年上)、
作っている映画は異なるが
互いに寡作で

ぼくの映画を好きだという人が
たいてい彼の映画を好きだというから
どことなく意識してしまう。


ぼくが13年ぶりに『白痴』を作ったときに
彼は8年ぶりに『ポーラX』を作った。


その彼が13年ぶりに作ったものは
果敢であり、
最高に気分がわかる、

面白いけれど
最低の作品だ。


そこに共感すべきではないけれど

これを作ったことは痛いほど伝わる。


(このあと、若干ネタバレあり注意)


『ホーリー・モータース』は
レオスのホラー映画だ。

もちろん、怖い場面なんかまったくない。


しかし
エディス・スコブが仮面を被るのだから、
間違いなくフランスのホラーに他ならない。


フランスには
ホラー映画はとても少ない。

犯罪映画は山ほどあるのに。


フランス映画史上、最高のホラーは
犯罪映画でもある
『顔のない眼』で

ジョルジュ・フランジュ監督のミューズが
エディス・スコブだった。

彼女の姿は
少年期のぼくにも強烈な印象をもたらして
『白痴』にも少なからず影響がある。

だから
レオスが彼女を新しいミューズとして選んだとしても
何のフシギはない。

と想った。


ぼくは
『白痴』を作ったあとに

「これからの映画は作家の内面をえぐる」
と言ったのだけれど

ふたりの才人の新作は
それにはあまりに遅かった。


映画産業の怠慢だと想う。


どちらの作品も退屈だが、

観る価値がある
稀有な映画だ。


『白痴』以来、
13年ぶりに
坂口安吾原作の映画が上映される。

井上淳一監督の『戦争と一人の女』。


『白痴』に出る予定だった永瀬正敏さんが主演している。

美術監督も一緒。


坂口安吾入門編のような映画だが

原作にないところが
実に良かった。

01:07

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム