Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

04/28/2013

IFF

8ミリ映画の新作上映があります。

イメージフォーラム・フェスティバル2013

http://www.imageforumfestival.com

『MOONS partⅡ』

というタイトルで
文字通り昨年発表した作品の第二部。

7月から12月までの6ヶ月
毎月撮影していた映像エッセイです。

6つのパートからなる
22分の短編ですが、

実は足かけ3年かかっている
プライヴェートなアート作品です。


「憂鬱な映画」
と呼んでいますが

ストーリーもオチもない
イメージの断片だけで構成された
“断片映画”。

8ミリで表現するにはぴったりです。

何度も書いていますが

8ミリは絶滅しかけているんです。
メーカーのフィルム生産はすでに終了し、
現像サービスもこの9月で終わります。

その後は
特殊な嗜好品として
ごく一部で細々と続くのでしょう。


化石のようなメディアです。

現存しているから
生きた化石か。


デジタルと違って
何もできないんです。
できない制約だらけで。

それに
映像としては
解像度も悪いし
明度も彩度もないし。


でも
そんなプリミティブなメディアだから
むしろ魅力があるんです。


今回の作品も
プロのしっかりした映像とはまったく異なる

かといって素人とも違う

独特な手触りのものになりました。


もちろん、
プロが細心の注意を払って
ていねいに作れば
それなりの質は出せるものです。


でもそれでは
8ミリらしさが失われてしまう。


いかに8ミリらしさを残し、

しかも8ミリらしくない映像をどうやって作るかが課題でした。


東京の上映では8ミリフィルムそのままで映写します。

音声もフィルムから出しますので

いまやかなり貴重な機会になります。


東京は
4月30日13時45分から
5月3日13時45分から
新宿パークタワーホール。

京都は
5月21日14時から
京都シネマ。

そのあと
福岡、名古屋と続きます。

21:52

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム