Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

04/16/2013

ILLUSTMOTION

ひさしぶりに手描きアニメ(動画)を自分でやってるのですが

ふだんそんなに絵を描いているわけではないので

時間かかっています。

朝まで描いて、
少し寝て…

って毎日です。


自己流の絵だから
巧くないんですけどね。

もう線画だけの
ひどくシンプルなアニメ。

世の人の多くは
ぼくが絵を描く仕事だと思ってるんですね。


ぼくは映画の監督で
絵描きではないんです。


商業アニメの場合はコンテまでやることはあっても
動画はやりません。

今回は
8ミリフィルムを使ったプライヴェートな短編映画なんで
撮影も自分ひとりでやります。

作りながら頭の中で構成や展開を考えているので

誰かに任せるとか
一緒にやるとか
できないんです。


ひとりでコツコツと。

もうひとり自分がほしいですね。

いや

あとふたり欲しい。

ふたりで仕事して
もうひとりは交代で寝るの。


日中は
どうしても何か用事があったりで
落ち着きません。

絵の線も落ち着かなくなるんです。

だからどうしても深夜の作業になります。


深夜は
自分の絵と対話してるんです。
正確には
「線」とですね。

一本一本の線が
何を描いているのか
そこにどんな命を感じるのか
とかね

対話して
気持ちが見えると
指先が自然とペン圧を操って
適切な線を描いてくれるんです。


面白いものですね。


なんて
偉そうに言っても
絵はシロウトですから。

今年は日本のテレビアニメ放送50年。

つまり『鉄腕アトム』から50年なんですが。

家のとなりで(ときどきは家の中でも)作られていたので

改めて50年と言われると
奇妙な気分です。


アトムは予算も時間もない中で作られていたので
アニメらしい動きを制限した
「リミテッド」と俗に呼ばれる技法を使っていました。

「動かなきゃならないものを、出来る限り動かさない」。


いま
ぼくが作っているのは
それと正反対で

「動かないものを動画に描く」。


8ミリ映画は1秒間に18枚の画が必要なんですが

まったく動きのないもの
ーたとえば木の幹とかは
ふつうの商業アニメで
1枚しか使わないところを
18枚描いています。


それ、
なんの意味があるかって?


「セル」とか「デジタル」とか「CG」では出ない
ナイーブな表現になるんですよ。


線が揺れる
というか
ブレる
というか。


「ああ、人が手で描いたんだな」

とわかる感じ。

8ミリ映画って
手作り以外はあり得ないんです。

手の温もりが伝わるのが8ミリの良さ。


いま、映画でもみんなデジタル化して
画面もシャープになって

ブレのないクリアなものが美しい
という風潮なんですが

ヴィジュアリストはヒネクレモノなんで

シャープとは正反対の
ぼんやり虚ろな
揺れてたゆたうものを
見たいという。


まぁ
そういう意味では
画がヘタな方がいいかな。

10:43

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム