Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

05/13/2013

GARAMON

家に巨大な箱が届いて

横にマジックで


「ガラモン」


と書かれていた。

ぼくが留守だったもので
家族らの間で話題になっていた。


「ガラモンて、あのガラモン?」


ガラモンとは
言わずと知れた
『ウルトラQ』
に登場した怪獣。

地球侵略を企てる宇宙人が地球に送り込んだ
一種の巨大ロボットですが

そんな恐ろしい使命とはまったく逆さまに
愛嬌ある愉快な姿が人気です。

ガラダマという隕石に乗って来るのですが
これを侵略のために造った宇宙人はやはり地球人の理解を越えています。
(番組の中ではセミそっくりの顔の宇宙人で、たぶんバルタン星人の原形)

実は数ヶ月前にネットで新しいフィギュアを見つけて
つい予約していたものが

家に届いたのでした。


ぼくのフィギュア好きは前に書きましたよね。

それにしても
箱がでかい。
縦横が50センチは優にある。

えっ
こんな大きなフィギュアだった?

ネットで見ただけだったから
まさか…

と不安がよぎる。
たしか26センチくらいだと思ったのだけど。

そういえば
ベースに熊谷ダムが付属すると書いてあった。
ガラモンはダムをこわして
(破壊してという迫力ある描写が似合わない)
楽しく暴れるのだ。

まさかダムがものすごく大きいとか。
50センチ四方のダムを
いったい家のどこに置けばいいのか。


恐る恐る箱を開封すると…


あれ。


なんてことはない。

やはりガラモン自体は26センチ。
ダムは高さ20センチ、幅34センチ。

ダムといっても、
水門のある壁の部分だけですわ。


箱の空いた隙間には
たっぷり紙が詰めてあった。


ホッとしたけど
この箱のでかさはいったい何故?


やはり
宇宙人の行いは
理解を越えている。

12:12

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム