Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

05/03/2013

SILVER

帰宅時間帯の地下鉄に乗って
ちょっと混んでいたので

たまたま優先席の前に立ち、
吊革に掴まっていたら

前に座っていた若いOLの方が立ち上がって
「どうぞ」
と席を譲られそうになった。


………。

たしかに疲れ果てていたかもしれないが

そんなに老人に見えるのだろうか。


もちろん、
遠慮しましたよ。


髪が白いせい?

でも、顔を見れば年齢はわかりそうな気もしますが。


もしかしたら

「あっ、手塚眞さんだ。とても疲れた顔をしている。可哀想に。そうだ、席を譲って差し上げよう」

というファンの方だったのだろうか。

いやいやいや、


ないな。

やっぱり老人に見えたのだろう。

これから電車に乗るときは
立つ場所に気をつけなければ。

かなり以前、
妻とふたりで食堂に入ったら

隣の席にいた店の常連らしい年配の紳士が
かなり酔っておられて

「お嬢さん、こちらにどうですか」

と、妻を誘う。

彼女が無視していたら
ぼくの方を見て、

「お父さんもご一緒に」

だと。

お父さん?


ご主人という意味?


いやいやいや。


親子に見えたのだ。


たしかに髪は白いが…。

まだ18の頃は、

髪は黒々としていた。
(染めたりしていなかった)

すでに作品を作っていたので
ある雑誌の取材があり、

明らかにぼくより年上の女性記者の方に

「おいくつなんですか?」

と尋ねられた。


「はあ、…8 です」

と曖昧に答えたところ


「28、ですか?」

と聞くので


「違います」

と言ったら、


ビックリしたように

「38ですか !?」

だと。

あああああ。

18歳なんですけど。


その頃からね、
年寄りに見られていたんだなあ。

02:10

コメント

ボクも似た経験を何度もしてます。
場面に寄っては複雑ですよね、、、

今日はこれから、パークタワーホールに新作を観に行って参ります!

投稿者:
NARA
May 3, 2013 12:32:52 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム