Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

05/16/2013

TECHNO

子供時代に強くハマったものが
怪獣と妖怪だったとすれば

学生時代は
テクノミュージックでした。


電子楽器のヘンな音と四つ打ちリズムが
頭に心地好かった。


テクノの元祖と言えば
クラフトワーク。

そのクラフトワークのライブが東京であって
行ってきました。


いやぁ

音が良かった。


バックの3D映像もかわいかったし

なにより
2時間たっぷり
休憩もなく立ったまま

淡々と演奏する
4人の長老
(と言ったら失礼か。でも65歳とかじゃないかな)
の姿に
感動しました。


クール。


もちろん
演奏中はほとんど動かないので
ロボットのようだけど

最後にちゃんと挨拶して
ひとりずつステージを降りたので
間違いなく人間でした。

ちょっと
宇宙人的ですが。


オリジナルメンバーはひとりだけですが
70年代からほぼイメージ変わらず続けているのが
エライ。

昔から使っている映像をそのまま流したり。
『モデル』とか『ツールドフランス』とか。

ファン泣かせです。


ふつう40年もやってれば飽きると思いますが

さすがオリジナルの強みです。

テクノのさらに原点には
ふたつの映像の音が関係していて


ひとつは

ロビー
というロボットで有名な
50年代のSF映画、

『禁断の惑星』。


ぼくの大好きな映画の1本ですが

電子音を使ったサントラは
いま聴いてもカッコいい。


そうそう、

今回のクラフトワークのライブのイントロは
間違いなく『禁断の惑星』でした。

もうひとつはもちろん

『鉄腕アトム』。


アトムの足音や飛行音など
大野松雄さんの電子音が耳に残っています。


クラフトワークの『スペースラブ』という曲のイントロを聞くたびに

「あ… アトム」

と思ってしまいます。


いつか
クラフトワークに
アトムの作曲をお願いしたい

と勝手な妄想を抱いてますが。


それまでメンバー
お元気でいてほしいです。

15:56

コメント

『禁断の惑星』主演女優アン・フランシスさんに、来日をお願いしたときは、既に、ガンで… 2011年、最期はL.A.の施設で亡くなりました 何事も間に合ううち…、と思い、今、ある方(82)をお招きする決意のとき、手塚眞監督のこちらのblogで、勇気づけられました 感謝です…

投稿者:
Dr.ABBEY
May 18, 2013 11:27:06 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム