Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

12/27/2015

ANGEL


撮影は

予定通り終わりました。

約3週間。


毎朝

4時に起きる生活も

とりあえず終了です。


その間

平均睡眠時間

4時間。

体調はOK。


まだ

1カ月くらいは

がんばれるな。

撮影は天気に恵まれて


というより


天が味方して

ロケは晴ればかり。

雨の日は室内。

本当に

今回の撮影は

さまざまな方々に

助けられました。

快くスポンサーになってくださった

企業のみなさま、


心強い制作会社、

優秀なスタッフたち、

素敵な出演者のみなさん、

そして

たくさんの天使たち。


この作品には

天使がついているんです。


いえ、

宗教的なハナシではありません。

人間をいつも見守りながら


時に厳しく指導し

時には愛の手を

さりげなく伸ばしてくれている


そんな天使が

いると思うのです。

映画の現場にも。


今回の作品にも出演している

オリジナル「星くず兄弟」

高木完さんは

30年ぶりの出演。


まるで

『スターウォーズ』

です。


しかも

衣装のスタイリストも

やってくれています。

実は

奥さまの

むぎばやしひろこさんが

撮影終わりに

亡くなられました。

クランクアップの今日、

ご葬儀でした。

撮影前から

具合が悪いと

こっそり伺っていました。

無理しないで

と完ちゃんには

言っていましたが


病床の奥さまも

応援しているので

がんばりたいと。

奥さまは、


ひろこさんは、


天使に迎えられて

行かれたんだな

と…

映画制作は

さまざまなことが起きます。


嫌なこと

醜いこと

辛いこと。

その半面、

楽しいこと

嬉しいこと


そして


美しいことも。


天使の

おもむくままに。

23:07

12/19/2015

TEMPO


撮影、

快調です。


細かくタイヘンですが

毎日、気持ちいい。

撮影現場は

テンポが大事。


スタッフ、出演者の
息がぴったり合って

監督のかけ声で

ポンポンと

テイクを重ねて行く。


撮っているものが

ロックミュージカルだから

よけいにテンポがないとね。


うちのスタッフ、

優秀です。


やることを

かっちりやる。


黙って働く。


文句は言わない。


男気ある

連中です。


実は

ほとんど

初めてのスタッフ。


演出部(助監督)

撮影部

録音部

制作部

みんな

ぼくには

初顔合わせ。


でも

クランクインして2週間、

みんなしっかり

「手塚組」になっています。


監督の役割は

「組」を作ること。


監督の色で

現場ができる。

それが一番の

演出

なんです。

22:29

12/14/2015

CASTS


才能ある俳優と

仕事をするのは

楽しいです。

賢い役者は

演出する必要がない。


脚本を読んで

自分なりに役を組み立てて

カメラの前に立ちます。

いま

撮っている映画の

主演俳優たちは

皆、

賢くて

やりやすいのです。

こちらが

求めるものを

確実に見せてくれる。

足りないところや

方向性が違うところは

一言ヒントを出せば

簡単に軌道修正してくれる。


若くて

頼もしい出演者たちです。

毎日、

たいへんな撮影現場に

行きたいと思うのは

彼らに会えるから。


自分が選んだ

すてきな出演者の

演技が見られるからです。

そして

名優に育った

彼らの未来を夢みて

わくわくします。

そういう意味では

いまの撮影は

嬉しくてしょうがない。

俳優との仕事は


本当に好きです。

20:14

12/11/2015

FRIENDS


今回の映画には

友人がたくさん出演しています。


俳優もいれば

モデルもいるし


監督もいます。

ときどき
飲みに行ったり

ちょっとした
ショートムービーに出てくれたり

そんな
友だちたち。


学生時代からの
古い友人もいれば

最近知り合った
人もいます。

ある意味、

手塚ファミリーです。


みんな
個性的で
すてきな仲間です。


ぼくが
自信をもって

「個性的」

と言える

キャラクターたち。

そんな連中が
仕事という意識を離れて

現場に駆けつけてくれる。

ありがたいことです。

もちろん、
役を演じる人もいます。

エキストラで来てくれる
人もいます。


でも

現場に入ったら
みんな同じ。

「手塚組」のメンバーです。

常連も

新人も

現場に来れば


「手塚組」。

ここが

映画撮影の

魔法です。

そして

そんな人たちが
出ているから

「ぼくの映画だ」

と胸を張って

言えるんです。

20:27

12/09/2015

STARS


夜空の星が

きれいです。


今夜は

茨城県の郊外で

ナイターのロケ。

昼間は

雲ひとつない晴天で
暖かでしたが

さすがに
夜ともなれば

この季節、

寒いです…


出演者の息も

次第に白くなり

ホカロンが
手放せなくなります。


映画出演者のタイヘンなところは

役によっては薄着で

本番中は寒さを我慢しなければ

ならないところ。


撮影の合間は

「ガンガン」と称する

火鉢が活躍します。


ちょっとした
キャンプファイアー気分です。


現役高校生の
出演者は

明日から
期末試験だとかで

試験勉強をしています。


学生と俳優のかけもちも
タイヘンですね。

撮影が終わって
ロケ車で

東京へ戻る車内は

また爆睡。


連日、

早朝から

撮影していますからね。


この時期は

日暮れが早いので

集合も

早くなります。


それでも

撮影中は

眠くなりません。


気が入っているからでしょうね。


今日も
夢から覚めるかのように

帰宅します。


また明日みる

夢を頭に

浮かべながら。

23:23

12/08/2015

DREAMS


今日も
20時頃に

撮影終了。


ごはんの時間は
少し過ぎましたが

そんなに極端に
遅い時間にならないのが

ホッとします。


手塚組、

仕事早いんです。


毎日、

夢のような時間が過ぎていきます。


撮影は仕事としては
タイヘンなのですが


カメラの前に繰り広げられる光景は

うっとりするような

ぞくっ とするような


まさに

脚本を書いているとき

頭の中で
想像していた

その通り完璧な
映像です。


「これが見たかった」

という

まさに
ツボにはまっています。

「これはぼくの映画だ」

と納得できるものが
目の前にある

幸福。

はやく
観客の皆さんに見せたい。


きっと

びっくりして

あきれて

笑って


「おかしな映画を観たな」

と思うでしょう。

まだ

できてませんが。

『星くず兄弟の新たな伝説』。

21:57

12/05/2015

PLEASURE


怒濤のように

撮影が4日過ぎました。


まあ
タイヘンではあります。


いつも
撮影が始まるまでは

楽しみに
わくわくしてるんですね。


しかし
実際始まってしまうと

いろいろ辛くて


撮影行きたくないよ〜

と学校の試験に行くような
気持ちになって

毎日が憂鬱なんです。

いつもはね。

ところが
今回は

毎朝起きて
撮影に行くのが

楽しみでしょうがない。

そして

毎日
撮影が終わると

満足しきって

嬉しいため息を
ついているという。


いけないですね、

甘美なパフォーマンス、

禁断の領域。

これまでの

映画人生で


こんなに
楽しんだことはない。

あ、

過去形にしては
いけませんね。


まだ
4日め
なんですから。


これから

まだまだ


楽しみと

苦しみが


続きます。

20:41

12/04/2015

CRANK IN


むかしの
映画カメラは
手回し式で

取っ手(CRANK)を取り付けて
フィルムを回しました。

そこから
撮影開始のことを

「クランクイン」

と呼ぶようになりました。

あっ

という間に

撮影が始まってしまいました。


用意周到とは

お世辞にも言えません。


だいたい
いつも

準備が足りないまま
撮影に入ってしまいます。


俳優のスケジュールやら
製作上の都合やらで

自分では
どうにもならない。


映画製作は

山の斜面から
雪玉を転がすような感じです。

ゴロゴロ大きくなって勢いがつくと

もう止められない。

撮影初日は

スタッフ、出演者の息を合わせてゆく感じがあるので

軽い場面

もしくは

ファーストシーン

から始めるのが

理想です。


しかし今回は
スケジュールの様々な理由から

いきなり
クライマックス
です。


大物スターをお迎えして
派手な場面が待ち受けていました。


初日から

息をつく暇も
ありません…


朝6時30分に
集合して

ロケ車で
都市近郊の

ロケセットに
向かいます。


ロケ車は
乗った途端に
爆睡します。

ここ数日、

準備に追われて
睡眠が取れないからです。

演出プランをゆっくり考える時間もありませんでした。


いつもは
撮影コンテや演出メモを
事前に作って
撮影に望むのですが

今回は
それもできない。


文字通り
現場で作ってゆく。

ライブ

ってことです。

実はそれが

今回の映画の


最大の

演出テーマなのですが。

だから

ワクワクします。

19:47