Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

01/08/2016

LIFE


映画は

芸術ではありません。

映画を
芸術と呼ぶのは自由です。


しかし
実制作者の
私たちは

それが
決して美しく純粋な心の産物ではないことを

知っています。

もちろん

スタートは

ひとりの人間の空想です。

しかし

それを映画にするためには


たくさんの人を働かさねばならず

たくさんのお金を使わなければならず


さまざまな
異物が混ざり

さまざまな想いが
主張しあって

その結果として

偶然のように
生まれてくるのが

映画です。


ぼくは

たったひとりで

映画を作ることもあります。


だからこそ

わかっています。


どんな天才も

映画作りで
すべてを制御するのは不可能。

だから

面白い。


名優が
一世一代の素晴らしい演技を披露している

その横で

誰かがくしゃみをしてしまえば

それでNG。


屋外で

すてきな演説を撮っていても


飛行機が飛んできて

その音が響けば

NG。

数十人が

右往左往する

落ち着かない撮影現場で

時間に追われながら

とりあえず映している場面が


良いか悪いかは


経験と 勘と

運の世界。

そうして

出来上がる作品は

神のみぞ知る。

だから

映画は

人間の産みだす

芸術などではなく

それは

神秘であり


奇跡

なのです。

それが故に

人を感動させるのです。

12:02