Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

02/22/2016

ENKA


タクシーに乗ったら

珍しく演歌がかかっていた。


しかも

運転手さんが気持ちよさそうに口ずさみ始めたので、

「うるさいので音を小さくして」

と言えなくなっちゃった。

演歌

って

謎ですね。

子供の頃、

演歌はオジサンの聴くもの

だと思ってました。


いまは自分が

十分にオジサンです。


でも

演歌はいまだに

聴かないし、

馴染みません。

ぼくが子供の頃

演歌を聴いていたオジサンたちは

すでにオジイサンか、

それ以上でしょう。

ところが

いつのまにか
新しい「オジサン」が

演歌を聴いています。


いったい、

人はいつ、どんなきっかけで

演歌を聴くオジサンになるのでしょう。


なにが

人を演歌に誘うのか。

家庭の環境なのか

職場の環境なのか、

はたまた

地域の環境なのか。

それとも、

これこそ日本人の

「血」

というものなのでしょうか。

もし
そうであるなら

ぼくは日本人ではないのかもしれません。


オジサンになったのに

演歌に馴染めないからです。

それとも、

演歌を聴かないということは

まだオジサンではない証しなのでしょうか。

そういえば

老眼もまだだしね。

13:56

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム