Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

03/10/2016

GREETING


たまに

映画の舞台挨拶を見るのですが

面白いということは

ほとんどないですね。

単なる儀式のような、


観客にとっては時間潰しです。

なぜ
舞台挨拶があるかというと

映画の興行は

初日、二日めが
勝負なんですね。


つまり

最初の週末に
どれほど観客が来たかで

興行価値を判断する。


だから

映画会社としては

なんとか初日の観客動員を計るために

出演者を呼んで舞台挨拶をさせる。



もうひとつは

それをネットやスポーツ新聞に取材させて

宣伝記事にするわけです。



ところが、

日本のたいていの俳優は
トークが苦手です。

台本がないとうまく話せません。


タレントならともかく、

俳優は台本があって仕事ができるわけですから。


撮影現場のカメラの前では緊張しなくても

舞台挨拶では
かなり緊張しています。

監督に至っては

さらに悲惨です。

俳優以上にスピーチに慣れていません。


(ぼくは様々なキャリアにより、慣れていますが)

しかも、

ビジネスライクな司会者は気のきいた質問なんか用意していません。

「どんな作品ですか?」
「出演してみて如何でしたか?」
「撮影中の面白いエピソードは?」
「見所はどこでしょうか?」
「観客の皆さんにメッセージを」

といった無味乾燥な質問です。


つまりこれは
メディアの記事のためであって

目の前に来てくれた観客のためじゃないんですね。


これから映画を観ようと劇場に来ているのですから

見所など聞く必要ないじゃありませんか。

観客を馬鹿にしてるのか

と思いながら

業界のつまらない慣習に


つい、ため息が出ます。

どうせやるなら、

プロらしくきちんと楽しませてほしい。

12:22

コメント

上田の住居跡、墓を見てきました。
内容は連絡が行ったことと思いますが、墓に家紋、手塚の名前が彫りこんであるのを確認してきました。
ルーツの確証に何らかのヒントとなればよいと思います。
信州へ起こしの際は是非ご覧になってください。

投稿者:
前島 和博
Mar 24, 2016 7:26:44 PM

前島さま

ありがとうございます。
よろしければこちらにご連絡賜りたく
よろしくお願い申し上げます。

km1205@gol.com

投稿者:
左京亮
Mar 27, 2016 12:08:28 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム