Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

06/13/2016

DRUNK


矢崎仁志監督と
ひさびさに飲みました。

震災前の
パリ映画祭以来かな。


最新作『無伴奏』の
トークイベントのあと。

たまに
同業者と飲みに行きます。


監督だったり
プロデューサーだったり、

俳優だったり。

何か特別な理由があるわけじゃないです。


ただ

飲むだけ。

楽しく飲んで

お互いこの仕事をしていることの
喜びと
苦しみを

分かち合うんです。

矢崎監督は

大学(日芸)の先輩ですが、

当事、学校では会った記憶がありません。

彼の監督した

『風たちの午後』

という自主映画の名作があって


女性二人の

繊細な関係を描いた渋い傑作なんですが


同じ頃

ぼくは
もっと馬鹿馬鹿しく
ハチャメチャな

『MOMENT』という8ミリ映画を作って

「自主映画の双璧」
とも言われたことがあります。

お互い十分大人になって

でも

「変わってないね」

なんて言い合いながら

新宿の居酒屋で飲む。

たまには

こんな感じも

いいんです。

隣には

やはり学生映画時代から知り合いの

(いわゆる「PFF」出身監督である)

吉村元希さんがいて

(彼女の最新作に主演してしまった)


その隣には

モデルの田中玲ちゃんがいて


という
業界飲み。

そして
やっぱり
矢崎監督は

スタイリッシュで渋い

『無伴奏』

を発表して


ぼくはと言えば

『星くず兄弟の新たな伝説』

という
馬鹿馬鹿しく、ハチャメチャな映画を作っている。


人間、

変わりませんな。

20:49

コメント

あら。いつの間に……
ちなみに矢崎仁司かと思います、漢字。

投稿者:
吉村元希
Jun 23, 2016 3:29:15 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム