Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

06/16/2016

RIP


冨田勲さんの

お別れの会にゆく。

父の時代から

永くお世話になっていました。


手塚アニメは

冨田サウンドあってこそ。


『ジャングル大帝』『リボンの騎士』は

もちろん知られていますが


手塚治虫総監督の
大人のための劇場アニメ

『千夜一夜物語』
『クレオパトラ』

のサントラも忘れてはいけない。


ぼくにとっては

こちらのほうがずっと
手塚アニメ
という気がする。

父の趣味趣向とアイデアが
満載だから。


大好きです。


ぼくは2度

冨田さんと

仕事をご一緒しました。


最初は
宝塚市立手塚治虫記念館開館のときに作った

『オサムとムサシ』

という短編アニメ。


全編、冨田さんの音楽だけで構成されています。

あたたかな気持ちにさせてくれる小編。

もうひとつは

劇場アニメ
『ブラック・ジャック ~ふたりの黒い医者』

のサントラ。


ぼくの要求を叶えて

テーマ曲は
口笛を使ってくださいました。

柔軟な頭脳と
卓抜したセンス、

並外れた才能の持ち主でした。

仕事中の急逝とお聞きしました。


別の次元にいるうちの父から

声がかかったのでしょう。


ふたりで

どこの宇宙を訪れているのでしょうか。


その

『ブラック・ジャック』のアニメで

ピノコを演じてくださっていた

水谷優子さんも


急逝されました。

本当に意外で

まだ現実感がありません…

ピノコ、

どうしてブラック・ジャック先生は

助けてくれなかったの?


足かけ5年

ぼくは水谷さんと仕事をしました。


テレビアニメの制作中は

毎週スタジオで顔を合わせて

ジョークを言い合ったり、

みんなでごはんに行ったり、


水谷さんのラジオに呼ばれて出たときに

ぼくがフルーツコウモリを飼っていると聞いて

タイだかインドだかで
フルーツコウモリを食べたって話を
してくれて


「ごめんなさい」と言いながら

眼に涙を浮かべて
笑いが止まらなくなった

その笑顔が
実にチャーミングで…


台湾のキャンペーンにはBJ役の大塚明夫さんと一緒に行って

舞台挨拶したり

取材受けたり

温泉に行ったり

美味しいもの食べたり
飲んだり…

まだまだ

一緒に仕事して

遊んだりする
予定だったのに。

だって
水谷さんは

ぼくの主演女優じゃないですか。


監督にヒミツで

どこに行ってしまったんですか ?


隠れていても

あなたの屈託のない笑い声がまだ響いてきますよ。


遠くからでも聞こえる

よく透るあの独特の笑い声と

そこで輝いているあなたの笑顔。

森岡賢さん、


冨田勲さんのように

あなたもシンセの才人だったのに。


まさか

冨田先生からスカウトされたわけじゃあるまいし

ディビット・ボウイに会いに行ったわけでもないだろうし

どうしてまた、

急に逝ってしまったんですか。

もう一度、

ソフトバレエも観たかったし

仕事もしたかったのに。

ライブハウスなんかで

あなたの柔らかい物腰に接すると

こちらまでなんだか

ほんわかしてきて


まだまだ
あなたの才能を聴かせてほしかった。


一緒に

何かしたかった。

まだまだ
一緒に仕事できる友人が

逝ってしまうのは


本当に寂しい。

23:46

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム