Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

08/18/2016

OSTRICH


仕事先に行く途中、


軽く食事しようと

通りかかった肉バルに立ち寄る。


カウンターで飲みながら

炭火焼きの肉が

色々つまめる。

最近は

肉食女子が増えたのか

この手の肉バルが流行ってるね。

都会だけの傾向だろうけど。


カウンターのメニューに

「ダチョウ 国産」

とあったので

思わずオーダーする。

ちょっと脂があったけど

まずまず柔らかく

うまい。

「どこですか?」

と尋ねたら

山形産とのこと。

天然だったら

コワイけど。

15:49

08/16/2016

WHO?


ぼくの素性を知らない人と

たまたま歌舞伎町を歩いていたんです。


向こうから

若手の俳優が何人かやってきて

ぼくを認めるや、


「お疲れさまです!」

と元気よく言って

お辞儀をしたんですね。

でも
場所が場所でしょう。


相手が俳優、なんて

ふつうはわからないじゃないですか。

ぼくもなにげにジャケット着てたし。

一緒にいた女性が

「あなた何物なの!?」

ちょっとビビっていました。


「彼ら、すごい腰をひいて、頭下げてましたよ」

って。

よく

歌舞伎町を歩いていると

黒服の客引きの兄ちゃんに

軽く会釈されるんです。

いや、

そっちの業界じゃないから。


ただ、映画作っているだけだから。

21:08

08/04/2016

LAST SPART


映画制作もラスト・スパート。


編集はおわり、

CGもできあがり、

音楽も間もなく揃うので、


あとは

ちょっと面倒な画像処理と

色や画質に手を加えて


音をミックスすれば

完成。

いや、

まだか。


観客にみせないと。

映画は

人にみてもらって

やっと「完成」と言えます。

作品の存在理由というか

価値を決めるのは

それをみた人。

何と言われようと構わない。


気に入ってもらえなくても

怒られたとしても。

はやく

誰かにみせたい。

18:28