Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

09/13/2016

CAMP


自分の映画の最後の仕上げを前にして

新潟の山の中で何をしているかと言うと…

話は数ヵ月前に遡ります。

見知らぬ大学生から突然の連絡があって曰く、


自分は新潟の大学の映画サークルの者である。

この夏、サークルで合宿して短編映画を作る予定である。

ひいては手塚監督にも参加していただき

映画作りのご指導を仰ぎたい、


ということなのだった。

よく

学園祭で講演してください

なんて話はあるけれど


合宿に来てくれとは。


なんと大胆な。

その意気込みとチャレンジ精神をかって

手弁当で

大学生と合宿しているというわけです。

なぜぼくが選ばれたかというと

18年前に新潟で『白痴』という映画を撮って、

地元に映画作りを根付かせたから

らしい。

「手塚サンならきっと引き受けてくれるだろう」

という地元の声もあったそうだ。

見こまれたというより

見透かされた感じ。


まあしかし

学生が合宿にプロを呼ぶなんて

珍しいし洒落ているじゃない。

ぼくは学生と

珍しいものと

美女には

弱いのである。

映画作りははじめて

という学生もたくさんいて


慣れないながらも

何かに一生懸命な姿は

初々しく、


少なくとも
スマホのゲームにはまっている姿より

清々しい。

たどたどしい撮影を眺めながら

ぼくも最初はこんなものだったよなあ

と感慨深い。


そのころ

プロの映画監督にずいぶんと励まされた


おかげで

いまがある。

だから

このくらいの

お返しはしないとね。

19:58

コメント

きょうは、コメントの日。毎日が記念日。
毎日、ひまじめだ。
そういえば、まこっちゃんでいこう。まこっちゃんは、イミダスに解説があって、エキセントリックな映像アートを作品にしているそうだ。
でもみたことがない。ぜひみたいのだが、
それは、お蔵入りされているのだろうか。
初期の作品郡かな。

投稿者:
科 了
Sep 16, 2016 11:53:03 AM

最近どうしてます
お元気ですか?お見かけしません・・・
眞さんの好きなサロンやビンテージドンペリ沢山揃えました、西麻布agentです。フェイスブックに場所は銀座と違って本格的なシャンパン&バーです。もう10年以上のお付き合いなのに2年以上お顔拝見していません、お元気ですか・・・

投稿者:
銀座サギオカです
Sep 26, 2016 1:21:57 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム