Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

10/14/2016

PREVIEW


『星くず兄弟の新たな伝説』

初号試写をしました。

「初号」というのは

業界用語ですが


スタッフや出演者に

仕事の結果を確認させる

完全に関係者のみの

試写会です。

当然、

それは普通

めちゃくちゃ緊張するものです。

ところが

『星くず』の場合、

あまりに内容が可笑しすぎて

妙にアットホームな試写会になりました。

みんな見ながら

クスクス、ゲタゲタ笑ってたし。


終わった後に

みんな

ニコニコしてたし。


試写後に80人からの

スタッフ、出演者を招いて

打ち上げをやりましたが

(経費全額持ちで)

みんな楽しそうで

盛り上って


良かった。


プロデューサー兼監督としては


やっと

ここまで来たか


という感慨ひとしおで

逆に言えば


疲れた〜


………。

21:11

10/10/2016

HUMAN


家の近所に

FILIPPO

という東京ではかなり有名なピザ屋があって

遠くから
わざわざ食べに来る客も

大勢いるのですが

(本当にうまい)


今日は
そこのカウンターで

ピザを頼まずに


つまみで

飲んでます。

こんなことができるのも

日本ならではでしょうか。

いや、

そんなことはない。

店でも仕事でも

信頼関係

ってものがあって


相手がわかっていれば

多少のわがままは聞いてくれる。

それは

世界中、同じだと思うんです。

それを

杓子定規に

この店はそうじゃないとか

この仕事はそれではダメとか


人間よりも規則を大事にする

なんて風潮が

世の中を

汚しますよね。

法律とか

ルールとか、


契約書が

どうとか…

秩序のためには

大事だと思うのですが

その前に

人間がいるよ


って。

相手を見ろよ


って。

21:57

10/01/2016

LASSITUDE


映画一本作り上げると

ものすごくエネルギーを消耗します。

単に
体力使うというだけではなく


生命力というか


要するに

命が減ります。

「心血を注ぐ」

という言い回しがありますが


文字通り

命を削って

作ってますね。

内容に関係なく。


作品を産む

とはよく言ったもので


子供を産む感じに近いんじゃないですかね。

(そういえば映画を作るのも最短で9ヶ月くらいかかるし)


そして

今回も難産でした。

あとは

この生まれた子が

すくすくと

元気に育ってくれればいい。

と思いながら

いまは

がっくり

脱力してます。

12:58