Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

Nov 19, 2009

PHOTO

写真は


まったくの趣味と書いたけれど


趣味以前かもしれない。

写真家の方には

「これは写真ではない」


と怒られてしまいそうなほど


ぼくは写真のことがわかっていません。

中学のときは写真部に入っていたし

おじいちゃんはカメラマンで


幼い頃から写真には馴染みがあるにもかかわらず。


しかし

開き直れば、写真家ではない者が撮った写真


というおもしろさはあるかもしれない。

知らない者の強み

といいますか


たぶん大胆です。

ただのスナップ的な写真ではなくて

なにかを演出的に写し取ろうとしています。


やっぱり、監督なんですね。

1枚1枚の精度より

行為のおもしろさでしょうか。

「露出が」

「ピントが」


たぶんあまり気にしていない。

ぼくにとって写真は

コミュニケーションの手段なのかもしれません。


そういう意味では

雄弁ではあります。


さて

新潟では

さらに大胆にも


展覧会の会場で

撮影をします。


もちろん「箱」ポートレートです。

一般から応募してくれた方

なるべく全員を撮ろうと。

どんな人が現れるのか

まったくわかりません。


スリリングなコミュニケーションです。

撮った写真は同じギャラリーで展示されます。

そこまで含めて

作品ということで。

13:20

Jan 19, 2009

HEN PLA

ステーショナリーを買おうと東急ハンズへ行って、

つい見つけて買ってしまいました。


「 神 社 」のプラモデル。

そんなものがプラモデルになるのか?

って思うかもしれませんが


1/150 スケールで

30センチ程度の土台に
注連縄のかかった鳥居はもちろん、

手水屋、狛犬、社務所、本殿と拝殿、稲荷までちゃんとついている。

しかもオプションで杉の巨木や祭り用の御輿、露店も各種揃っている。

とりあえず手近なところに露店3種のセットがあったので合わせて買ってみました。

それにはお面屋、酒屋の出店に、お化け屋敷がセット。

コレ、タネを明かせば、
鉄道模型用のジオラマのキットなのです。


しかし妙に細かいところがくすぐる。

お城やお寺のプラモデルなら昔からあります。

法隆寺の建築物とか清水寺とか。


しかし神社はあまりなく、

たしか35年ほど前に出雲大社のプラモデルがあって、

当時でも3千円くらいしたように思いますが、

高さ30センチくらいの堂々とした製品でした。

それくらいかな。


ぼくはマニアというほどではないにしても、

けっこうコレクションの趣味があって、


コウモリのグッズ(探すと意外に少ない)、

手のオブジェ(ペーパーホルダーなどの実用品含む)、

眼がデザインされたCDジャケット(意外にたくさんある)

なんかを集めてるのですが、


たま〜に眼についたときだけ買う、ゆるいコレクションとして


ヘンなプラモデル、

略して「ヘンプラ」


を集めています。

ポイントは「そんなものプラモデルになるのか?」という素材とネーミング。

それも、まじめに作られて売られているものが良い。

これまでのコレクションには、

たとえば

「ふる里」

のプラモデル。


本当にその名前で売られてました。


これはちょっと説明が難しいのですが、
古い民家の茶の間がやや立体のレリーフ状になっていて、それを作るというもの。

軒先に柿が干されていたり、囲炉裏の横で寛ぐネコなんかがついている。

かなりぞんざいな作りで、値段もたしか250円でした。

それから

「 密 談 」

のプラモデル。


これは「忠臣蔵」の1場面ですね。

武士が数人、行灯の明かりの元で密談している情景キットです。

それから、

「 行 水 」のプラモデル。


これはなかなか味わい深い。

庭先で女性がたらいで行水をしていて、
しかも板塀ごしにあやしいオッサンがのぞき見しているというヤバい情景がプラモデルになっている。

本当ですよ。

「 嗅 覚 」のプラモデル。

これは輸入品で、原題は

「The Sense of Smell」。


ヒトの鼻の断面のプラモデルで、

いってみれば学習教材なんですが、

名前に魅かれてしまいました。


学習教材ものはいまでも魅力的な種類がありますが、

最近みつけた

「 細 胞 」

のプラモデルはなかなかだと思いました。

模型店の隅にはなかなかオツな商品がありますよ。


買う方も買う方ですが。

01:59

Dec 4, 2008

HOBBY

コウモリを飼う以外に

どんな趣味があるかと聞かれると、

すぐにパッと浮かびません。

たとえば
映画や芝居を観たりするのは仕事の延長でしょう。

音楽を聴くのも。

ただの趣味といいにくい面がありますね。

仕事から離れて
最近のマイブームでいえば、


「右や左に関する本を読む」


これは前にも書きましたね。


本を読むのは好きなんですが
なかなか時間が作れなくて

旅行に持っていったり

夜ねる前にベッドで読んだり。

だからベッドの横に本が山のように積みあがってしまってます。

「先祖のいた土地を訪ねる」


先祖といっても
江戸の頃は水戸藩の御殿医だったので


もっと古い時代。


平安時代とか。


しかし、これはすぐに仕事に結びついてしまうかもしれません。


先祖の出てくる映画の企画を考えているので。

「友人のポートレートを撮る」


これはいまのところ、かなりの趣味かも。


写真は専門じゃないので、
カメラはうまく扱えないのですが。


実はメカ音痴。


でも中学の頃は「写真部」にいたんですよ。

ほとんど遊んでいただけでしたが。

祖父はカメラマンだったんです。


やはり仕事ではありませんでしたが、

趣味で一生写真を撮っていました。


ちゃんと現像するための暗室もあって。

写真がスキな人は自分で現像してプリントもしますね。

ぼくはそれが面倒で、撮りっぱなし。


いまでもただ「撮る」専門で、

自分でプリントしないので

写真家としては失格ですね。


技術力もないし。


それでも、撮るのはすきなんです。

写真も映画もカメラで撮りますが、

実はずいぶん違います。


最近そのことがやっとわかりました。


まず映画はカメラを縦に構えることはありません。


それでぼくの撮る写真も横長が多かった。


最近、写真家の友人に指摘されて気づきました。


写真の世界では縦長は常識です。

人間は縦長ですからね。

だから
海外ではカメラを縦に構えることを

「PORTRAIT」

と呼ぶんですって。

それから、

映画の撮影は基本が光があることで、

光が足りなければ当てる。


ところが写真は多少暗くても写ります。


むしろポートレートなどは、直射が当たっていない日陰なんかの方がきれいに撮れる。


ということを最近知りました。

(>_<)


でも、まあ、

知らぬが華

というか、


あまり詳しくならない方が、

意外な写真が撮れていいかもですね。


趣味なんですから、

自分勝手に気に入っている方がね。

03:10

Aug 30, 2007

3D MAP

最近、立体地図にハマっています。

立体地図、
なんてぼくが書くとなにやらデジタルな最新ソフトみたいに思うかもしれませんが、
違います。

プラスチック製で、山のところが立体に盛り上がっている、ホラ、学校に置いてありそうなアナクロな地図ですよ。


信州に行ったときに、長野県の立体地図をみつけて買ってしまったのがキッカケ。

コレ、意外と見ていて飽きないのですよ。

平面の地図と違って、地形のどこに国道や線路ができているのか、どの山が高くて何があるのか、感覚的にひと眼でワカル優れモノなんですよ。

朝晩、これを見ていると「日本」がぼんやり見えてくる。

なるほど、日本の中心部はこうなっていたのか、
て感じ。

で、図に乗って(シャレじゃないけど)発売されている県地図を全部入手してしまった。

立体だから、意外にかさばる。
高さも50センチほどある。

でも、できれば日本全土を手に入れて、日本を征服、

いや、

把握しきりたい。


ええと、商品名は「日本百名山立体地図シリーズ」で、通称「日本あちこち・ひとめぐりシリーズ」です。

本屋さんで注文すると手に入ります。


少しずつ近刊が出ているようですが、ぼくはやっぱり東京の立体地図がほしいなあ。

ちゃんと山になっている山の手とか、谷になっている渋谷とかが見たいです。

だって東京の四谷から西はほとんど山でしょう。
いまは高いビルが建っているからわからないけど。
坂が多いしね。

天からの視点で見ていれば、意外な発見がありそうじゃないですか。

知らなかった東京というか。

04:14