Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

Jul 5, 2008

BRIDGE

前にも書いたことですが

家の近くの石神井川が河川工事をしていて、

そのせいで橋が使えず不便しています。

それが今年3月に完成という予定が6月となり、

ついには8月に延びました。

それって、どうなんですか??


自然相手の工事なのでたいへんなのはわかりますが、

5ヶ月も工期が遅れるのはなぜなんでしょう。

慣れた専門家がきちんと計画してやっているはずですよねえ。


もしこれが映画の制作だったら許されません。

1日のばしても予算に響くのですから。


大規模な工事が遅れるということは、

それだけ予算も増加している

ってことですよね?


作業が遅れるのはしょうがないとして、

その負担分も税金が使われているわけでしょう。


税金を払うのが遅れると、延滞税がついてさらにお金を取られるじゃないですか。

その使い道の工事が何カ月遅れても罰則はないのかしら。

計画や管理がずさんで遅れたなら、責任者に払われる報酬を見直して減らすとか、

なにかした方が公平な気がしますね。


それはそれとして。


今日はイメージフォーラムの授業で課題作品の講評だったのですが、

5人の予定がたったふたりしか提出できていない。

いろいろ事情もあるでしょうが、

やはり計画性が甘いんとちゃう?

と思ってしまいます。

素人だから

って言いわけは通用しません。


プロの方が条件きついですよ。

22:41

May 17, 2008

WHITE ANTS

ついに家がシロアリの襲撃に遭いました。

ついに、 というのは昨年から、妙な羽アリをたまに見かけるので、

もしやと思っていた矢先でした。


「キャ〜ッ」

という家内の叫びを聞いて駆けつけると、

なんかいきなり、数百匹の羽アリが


ドワ〜〜!


と部屋にあふれ出てきて。

さすがに面食らいました。


あわてて掃除機でガーガー吸い取りましたが、

1時間近くかかりましたよ。


あまり使わない部屋だったからまだしも、

これが寝室だったら、

きっと死んでます。
恐ろしさに。


業者に来てもらいましたが、

なんですね、

退治する薬は身体によくないし、

深刻です。

ウチは2×4(ツーバイフォー)なので躯体は食べられず、家が倒れるようなことはありませんが、

フローリングとか飾りの柱がやられました。

業者が言うには、やはり温暖化の影響か、都心も野生化が進み、虫や害獣が増えているんですってね。

害獣とは、具体的には

タヌキとか、ハクビシンとか

です。

ああ、そういえば近所でもタヌキやハクビシンを見かけますね。

ウチのそばは雑木林や公園も多いからなあ。

ちょっとカワイイ、と思ってエサなんかやると、たちまち住みつかれて、壁に穴あけられたり柱をかじったりするそうなので、

注意した方がいいようです。


ところで、
きょうNHK『サイエンスZERO』の収録に行くと、

絶妙なタイミングでシロアリの話題。

専門に研究されている方がゲストでした。

つい、あれこれ聞いてしまいましたよ。

なにかいい退治方法はありますか?
と聞きましたが、


「ありませんねえ」


という残念な答え。


「光をいやがるので明るくして、乾燥させること」

だそうです。


放送は6月8日深夜、再放送は13日19時から教育テレビです。

01:58

May 7, 2008

TIMING

いまウチは陸の孤島です。

住宅街の奥、路地の突き当たりにあるウチに至る道はふたつあって、

ひとつは細く曲がりくねった路地で、
もうひとつは川を橋で渡ります。

この川が河川工事をしていて、数カ月も橋が使えないのです。

ところが、残された路地も道路整備工事が始まり、通行が規制されてしまいました。

これではウチから出られない、入れないではありませんか。


河川工事は3月までという予定が、6月末までに延びました。

3ヶ月も工期が遅れるなんて。

そりゃ雨とか自然現象の影響はあるでしょうが。

しかし、素人じゃあるまいし。

当初の見通しがズサンだとしか思えない。


もし、映画制作が3ヶ月も遅れたらタイヘンですよ。

当然、工費も余分にかさむでしょう。

その工費、税金ですよね。


それにしても、
ふたつの道路工事が重なるのはタイミングわるい。

こういうの、誰かが調整しないものでしょうか。

宇宙で人間がいまだ扱えない唯一のもの、

そして生きることに重要なものが、

「タイミング」

だと想います。


考えてみてください。

今日1日。

この1年。

これまでの人生。

タイミングが悪くて失ったもの。
タイミングがよくて成功したこと。

いろいろありませんか。


ぼくはこの、タイミングを扱う方法、
つまり良いタイミングの掴み方を以前からずっと考えています。

もしそれが見つかれば、

思わず「ユウレカ!」と叫んで風呂から飛び出すか、
目覚めた人となって悟りの眼が開くか、

まあ何にしても世界的な大発見になるわけで。

なんか少し、掴みかけたような気はしますが。

なかなか「時間」というやつは正体を見せなくて。


「時間」と「タイミング」については、そのうち本でも書こうかと想っているのですけどね。


はたしてそのタイミングはいつ?

23:03