Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

Jun 10, 2009

INFO:

またしても新刊のお知らせ。


手塚治虫について手塚眞が語った本、その2。


書名はずばり

『手塚治虫』。


アスキー新書から。

読みやすい新書サイズで

書き下ろしならぬ、語り下ろし。

ある日、ひとりの編集者がふらっと事務所を訪れて、

「手塚治虫のチャレンジ精神について語ってほしいんです」

といったのが発端です。

何回かインタビューを受けて、

それが一冊にまとまりました。

書き下ろしとはまた違うニュアンスで、

そこが味わいかもしれません。

まあしかし、


手塚治虫本はもういいかな。


2冊も出したし。

もちろん、どちらも一般書店で購入できます。

03:09

May 9, 2009

NEW BOOK

『「父」手塚治虫の素顔』

という本を出しました。

ずいぶん前に出した『天才の息子』を加筆、整理した新刊です。


息子からみた天才の人生。


手塚治虫初心者にもお勧め

と自分でいうのはヘンですが。


むしろ

「もしあなたが天才の子供に生まれたら」

といった内容ですが、


秘蔵写真(ベレーをかぶっていない手塚治虫とか)もたくさん載っていますし、

なにより今回の目玉は

父が書いた息子のエッセイ、そして親子対談が掲載されていること。


息子が書いた親の話と合わせて読めば、

味わい深いものがあります。


こんな形で亡き父親とコミュニケーションをとるとは、思いも寄りませんでしたよ。

作家が2世になるのは珍しいことではありませんが、

マンガ家ではまだほとんどいませんね。


映画監督の2代というのはありますが。


親が画家で息子が映画監督というと、

フランスのルノアールがそうでした。


親がマンガ家で息子がヴィジュアリストというのは、

たぶんここだけでしょう。


そんなことでも、おそらく貴重な本です。

誠文堂新光社より発売中。

01:54

Nov 20, 2008

HIPPO

新聞の広告に

『カバに会う』

という本があって


題名につられて買ってしまいました。


「日本全国河馬めぐり」

と副題のついたこの本は

カバ好きの著者が日本中のカバを見にゆく、
抱腹絶倒のエッセイだそうで。


若いライターがちょっとサブカルな視点で書いたヤワな本ならやめようと思ったのですが、


いえいえ、

作者の坪内稔典さんは還暦を迎えた記念にカバを見て回ろうという

筋金入りの大学教授。


俳人、歌人でもある著者の軽妙な文体は、

なるほど素直な笑いをさそいます。


圧巻は「ナメコロジー研究会」を主催するナメクジ派の人が登場するくだりでしょうか。


「野生のカバは時速40キロで走るのでしょ。大食で敏捷なカバには先はないように思いますよ」

と、カバ好きの著者をナメクジに転向させようと口説くのですが、


いらぬお世話とはまさにこのことですね。


いや、

世の中にはいろんなモノ好きがいるものだ、

と他人のカバ好きを笑っているうちに、


ハ!


と気づいてしまいました。


ぼくの「コウモリ好き」って


やっぱり「変」ですか・・・?

いまもコウモリ2匹と暮らしているのですけどね。


コウモリの話題になると、つい力が入ってしまう自分。

「コウモリって飼えるのですか?」


そこらに飛んでいる奴はダメですね。
外国産のオオコウモリなら飼えます。
ただし、現在は輸入が規制されているので入手しにくくなりましたが。


「なにを食べるの?」

なんでも食べますよ。
でも甘いフルーツが大好きですね。
ウチではバナナを主食に、リンゴとか柿とか混ぜたりしてあげてます。


「馴れるんですか?」

飼い方次第だと思いますが、
一匹ならかなり馴れます。
二匹以上だと彼らの世界を築いてしまうので、人間から距離を取りたがることがあります。


ああ〜っ!

コウモリ話だと止まらなくなるんですよ。


先日も

NHKで『サイエンスZERO』の収録があって

進化論の話だったものですから

つい打ち合わせで

「コウモリ って世界に1000種類ほどもいて、
ものすごく環境に順応して進化してきたのに、
なにから進化したか、
系統樹の位置がどうも不明なんですよ」

と始めてしまいました。


まあ、

本は書かないと思いますけどね。

02:49

Aug 25, 2004

ロボットの危機

親の因果で、ロボットものの解説をよくさせられる。
『アイ・ロボット』というハリウッド映画が封切られるけど、ひと口でいうなら「ロボットの惑星・序章」という感じかな。
アトムの時代よりはずっと過去のハナシ。
原作はアイザック・アシモフ。
といっても映画のストーリーはかなり違う。是非とも原作を先に読んでから観てほしいな。

TZKが解説を書いている角川文庫『アイ・ロボット』は本日、発売です。
590円。

01:56