Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

Feb 27, 2009

FEVER

頭  ってものすごく働き出すと、

簡単に止まらなくなるんです。


ブレーキきかなくなる。


ここしばらく脚本やら原稿やら調べもので頭を使い続けていたら、

ついに熱が出てしまって

〜〜 若干、風邪の兆候もあったのですが 〜〜

ついに倒れてしまいした。

家族には


「知恵熱」


と笑われています。


それが、

身体はだるくて熱もあるというのに、
頭だけは活発に働き続け、

ちっとも眠れない。


もともと神経質の傾向があるから、
気になるとよけいに眼がさえてしまう。

「そういうときは寝なければいいんです」

と、以前通っていた整体の先生は言っていましたが、

いまは寝ないと風邪が悪化してしまう。


こういうときは

気を鎮めて、リラックスして休むのが1番、

とわかってはいるのですけどね。

それどころか

打ち合わせやら学校の講義やらテレビの出演が続くので

気が鎮まるどころじゃない。

世間では、こういう状態を

「オーバーワーク」

と呼ぶのでしょうか。


ただ違いがあるとすれば、

その仕事の大半が
押しつけられたものではなくて、

自発的な、

あるいは自分が責任者の仕事なんですよ。


人から頼まれたことなら断るとか、

待ってもらうとか、

なにか対処できるワケですが、

自分を断ったり自分を待たせたりすれば

それこそストレスになりかねない。

厄介なものです。

しかもまた

こんなときに限って知人からのお誘いがたくさんあって、

ライブだの舞台だの

誕生会だのが目白押し。

不義理したくはないのだけど

身体も大事だし、

悩みます。

いっそのこと

馬 鹿

になってしまおうか。


そうだ、

馬鹿になればみんなあきらめてくれるし、

自分でも

「オレ馬鹿だからしょがない」

とあきらめもつくかもしれない。

ただひとつ問題は


その後の信用回復がタイヘンだという点ですね。

友人に聞いた面白いハナシがあって、

(なんかライブのMCみたいだな)

そいつは銭湯で友だちを見つけて、背後から股間を襲ったら、相手は人違いで、
しかも「ヤ」のつく業界のヒトだったそう。

これはヤバイ! と思って

「そうだ、馬鹿のフリをしてごまかそう」

と考えて、

水道の蛇口をくわえたりヘラヘラ笑ったり、

相手が銭湯から出てゆくまで
ずーっと 馬鹿 を演じ続けたそうですよ。

いや、
そこまでの度胸ないなあ、

いまは。

01:19

Feb 14, 2008

ANGER

ものすごく怒っている夢をみて、

びっくりして眼をさましました。


誰だかわからない男性に向かって、本気で怒鳴ってた。

「もうがまんできないっ」

と。

そのヒトが、ほかの誰かをいじめていたんですね。

それが腹に据えかねて、怒り爆発。


ふだん、全然怒らないんです。

たま〜〜 に苛つくこともありますが、
まあ、だいたい仕事の問題で、

プライベートなことで怒ること、まず、ありません。

だから人と喧嘩しないんです。

友達なくすことも滅多にないし。


すぐ怒る人はうらやましいと思います。

きっと、ストレス溜まらないのだろうなあ。

すぐキレて、
ガガーッ と爆発して、
それでスッキリ。


夢の中で怒るなんて、なんか気づかずストレスがあるのかもしれません。


でもまあ、夢で良かったというか。

夢の中で解決するのならね。


でもきっと、

本気で怒るとコワイかもしれませんね〜。

22:22

Feb 6, 2008

WEAKPOINT

ぼくの自分の欠点は、

いろいろなことを思いつきすぎてしまうことです。

あれこれ、やることやりたいことが、次から次へと頭に浮かぶ。


それは欠点じゃない?

しかし、ただ思いつくだけなら誰にも迷惑はかからないのですが、

問題なのは、それを実際にやろうとしてしまうことなんです。


そしてさらには、それがうまく行かなかったり実現できなかったとき、
とても落ち込んだり気分を害したりします。


それもフツウですか?


それでも簡単には諦めないんですよ。

意外とシツコイ。

10年越し、20年越しの企画がざらにあります。

毎日、そこにさらに新しい企画が加わる。


最近、そんな企画が次々と動きだしました。

日々、打ち合わせやら顔合わせやら。


今日も某メジャー企業へミーティングに行ったのですが、

そこの相手とは他にも数本の企画を共有しています。

「例の件ですけどね…」

「ところであの件はどうなりました?」

「また別件のことですが…」

こんな調子で、企画だらけ。

ひとりの相手に対して、ふたつ以上の要件がある始末です。

そんな相手が何人もいる。

もう、ちょっとおかしい。

異常です。

やりすぎ病です。


これが誇大妄想なら、まだましかもしれません。

それを実現させようというエネルギーは、
小柄で華奢なこの身体のどこから出てくるのか。

自分でも不思議です。

「おいおい、ちょっと待て」

と自分を止めたくなる。


しかし思いつきと実行を止めるには、

よほど疲れて元気を失う他に手はないのです。

やりたいことが見つからない。

なにをやったらいいかわからない。

なにをやっても違う感じがする。

それが、フツウです。

みんな、そうだと思います。


やりたいことがわかっていて、
やりたいことがあって、
やっているにも関わらず、
さらに別のことをやりたがる。

これは、ヘンです。


と自己分析しながら、

やることが次から次へとあるのは(タイヘンだけれど)幸せなことかもしれない。

と想うようにもしています。


もしやることがなくて、
なにも思いつかなくて、
やる気も起きず、
ぼんやり時間を過ごせるなら、

それもまたいい人生だなあと。


結局のところ、

ヒトは自分に忠実に(自然に)生きるしかないんです。


どんなに極端でも。

03:32

Sep 21, 2007

GEAR

よし、
ギアが入ったぞ。


エンジン調子よく走りはじめました。

昨日、突然です。
なんか不調でしたが、急にすべてが順調に。

星まわりでも変わったんでしょうか。

あちこち連絡する。

あちこちから連絡くる。

求めているヒト、懐かしいヒト、意外なヒト。

てんでバラバラな用件ですが、これが組合わさると何か大きな流れになるのでしょう。

「機能」。

そんなコトバで自分をとらえなおして、もう2年。

自分が動くとまわりが動く。
まわりが動けば自分も動き出す。

それが自然てものですが、ここで大事なのがタイミングとエネルギー。

急な加速に注意。

ゆとりを持って安全にドライブ。

いえ、車のことじゃありません。

自分の存在です。


適度に敏感に。
適度に大胆に。


近所の寿司屋にどうしても行きたくなって、(珍しく)早い時間に暖簾をくぐると、カウンターの中の板さんが驚いたように見ている。

「昨日ふと、手塚さんどうしてるのかなって想ってたんです」
「虫が知らせたのかな」
「この店、今月でやめちゃうんで」
「・・・・」


こんなのが、敏感。

14:02

Sep 13, 2007

POWERLESS

冴えない日々を送りながら、やっと風邪から抜け出して、ふつうにゴハン食べられるようになりました。

ああ、ゴハンはおいしいな!


にしても、今は気の流れが不安定なせいもあって、気持ち重い毎日です。

パワーも足りません。

弱音はきたくもなります。

そういう時期なんですかね。

安倍さんも降板したし。


授業で使うので、古い名作映画を見続けていたのですが、どれもオモシロイし、スゴイ。

劇場でも新作を観ていると、なんとまあ、新作の弱いことか。

ハリウッドもヨーロッパも、数十年前に比べるとあまりに力がない。

小品は小品で、文字通り小さくまとまってしまってるし。

いまさらだけど、ゴダールたちが低予算で映画に革命を起こした60年代がいやに懐かしい。


みんなパワーあったし、それが世界を支えていた感じ。

なんか、いまは全世界的にパワー不足かも。

世界も、風邪をひいてる?

13:08

Sep 6, 2007

THROAT

世間は台風9号でタイヘンなことになってるときに、ぼくは風邪をひきました。

咳とか熱とかないのですが、
ノドがひどく腫れてしまって、水を飲むのも唾を飲み込むのもひと苦労です。

熱はないので動いたり歩いたりはできるのですけどね。


モノが食べられないと医者にもらった薬も飲めないので、七転八倒しながら何か食べてますが。

ものスゴイから〜いカレーを無理矢理食べてるような感じ。

台風、ノドに来たか。


しばし安静にしま〜す。

22:10