Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

Dec 31, 2007

LAST DAY

「家というのは片づかないものである」 ゲーテ (←ウソ)

いくら片づけても、ちっともきれいになりません。

とりあえず山積みになった今年の仕事の資料を整理するので精一杯。

家に仕事場があると、仕事のモノが溜まっちゃって。

どうして年末は毎年、あわただしくなるのでしょう。

1年を振り返る暇もありません。


2007年の新年の誓いはどうなったかというと、

まず長編映画の企画。

これはちょっとずつ進んではいますが、実現は来年ですね。

映画100本つくる話は?

いや〜、
やっぱり100本は無理。

というか、10本もできてないって。

でも、まあ、企画だけは100本あるし、
作り始めて完成していないものは数10本あります。

だから100本完成するとはいっていないので、100本作り出した

ってことで。

100本映画を劇場で観る。

これは全然ダメ。
40本がいいとこ。

来年は残り60本を観ます。


来年も今年以上にポジティブに生きようと想う手塚でした。

2008年もよろしくお願いします。

23:33

Dec 28, 2007

DAY LAST

今日は事務所は年末の仕事納め。

無事・・・に年賀状も出し終わり、落ち着いた静かな年末です。

そして手塚プロも忘年会。

ということでウチのスタッフも手塚プロに参加して合同忘年会です。

お世話になっている関係各社など、今年は盛況で、なんと600人もの参加者が訪れました。

人、多いです。

ひさしぶりに『ブラック・ジャック』チームも揃って、それなりに盛り上がりました。


その後はモデルでデザイナーのチカチカちゃん誕生会に流れました〜。

クラブ系の人たちがいて、こちらはこちらで楽しい集い。


こういうときに手塚プロの手塚と、ヴィジュアリストの手塚を微妙に使い分けるのも、面白くはあります。


それにしても飲み過ぎだけれど。

00:28

Dec 24, 2007

CARDS

今年のクリスマスは富士に降る雪と甘〜いスパークリングワインで終わっちゃいました。

今日は1日、家にこもって年賀状の準備という、地味メなクリスマスです。

数千通だすので文面は印刷ではありますが、せめて名前くらいは手書きにしたい。

なにしろ、これまでの人生に忘れたくないヒトだけで数千人。

もし元旦に書こうと想えば、年始はそれだけで消えてしまいますね。


毎年、出すのが年末ぎりぎりになります。

今は何人ものスタッフが手伝ってくれますが、事務所を始めた最初の年は、うかつにも葉書に

「MERRY CHRISTMAS AND HAPPY NEW YEAR」

と印刷してしまったのです。

つまりクリスマスまでに届かなければ意味がなくなる。

当時はぼくとマネージャーのふたりだけ。

しかも事務所は出来たてで、住所録もまだ完成していない。

パソコンに数百人の住所を入力してからだと間に合わないと判断したマネージャーは、数百通の宛名を手書き始めて、クリスマス前に思わぬ徹夜作業になっちゃいました。

それからというもの、クリスマスカードはご法度なのです。

年始はいつも慌ただしい。

とわかっていても、なかなか早めに年賀状を用意することはできませんね。


こうして宛名を見ていると様々な人の顔が浮かんできて、

こんなたくさんの人たちに会う機会があって良かった、

としみじみ想います。

17:00

Dec 21, 2007

CHILDFOOD

8mm漬けの日々が終わり、
少し落ち着きを取り戻しました。

といっても、相変わらず様々なことが起きていますが。


育児学の権威、

というより「育児の神様」と呼ばれていた内藤寿七郎先生がお亡くなりになり、ご葬儀に参列しました。

ぼくは父の縁があって、生前数度お目にかかりました。

101歳。

人間としては大往生ですね。

ほぼ生涯、70年以上も臨床医として子供を診つづけた人生は本当に立派です。


以前、お会いした機会にこんなことを尋ねてみました。

「過激な映像や暴力的な映像は、小さな子供に悪影響がありますか?」

すると内藤先生は
「ありません」
と、きっぱり。

「本当に影響があるのは、両親の接し方です」


内藤先生の著書『育児の原理』には、親としてどう子供と接すればよいかが、ていねいな言葉で書かれています。

皇室やホワイトハウスでも参考にされている本です。


サテ、

今日は早稲田学生映画祭に参加しました。

最近、学生と接する機会が増えています。

彼らにはどんな夢があるのでしょうか。


夜は、部活「フリーハンド」の忘年会。

癖のある連中が夜中近くまで事務所を占拠。

年齢に関係なく語り合う姿を見ていると、ホッとするのです。

01:21

Nov 28, 2007

FUTURE

1日に2つも、新しいプランがスタートしました。

とはいえ、どちらも以前から抱えていた企画で、
これからまだ2年越し、3年越しという、長く時間のかかるハナシです。

2年後なんてかなり未来なようで、すぐかもしれません。

内容はスゴイので、まだまだ書きませんが。
2つともビッグ・プロジェクトです。


ちょっと考えるだけで、あまりにタイヘンそうで、(例によって少し無謀で)ワクワクしてきます。

進み始めると問題が山積みになって、毎日ツライのだろうな。

企画をうっとり想っている、今が花かもしれません。


目先のことだけ見ているヒトも多いでしょうが、未来を考えるのは人間の自由で、特権です。

未来社会を予測することは難しいですが、
自分の未来ならもう少し簡単。

つまり、いまの目標が実現したところを想像すればいいんです。


そういえば明日も少し撮影をするのだっけ。

明日やることを考える。

来週の自分、

来月にやること、

来年の自分、

そして2年後、3年後、


10年後・・・ 。


やることがいっぱいすぎて、クラクラしてきます。


目眩のする人生です。

23:39

Oct 10, 2007

TALK

日が開いてしまいました。

スミマセン。

忙しかったというより、気が足りなかったというか。

ふだん何についても「しゃべれる」「書ける」という自負があるんですがね。

気の乗らないときはダメですね。

ときどきブログに何を書いてよいかわからなくなることがあります。

自由度がありすぎると、かえってそれが制約になってしまう。


それで思い出したけれど、ムカシ下北沢の劇場で、「何でもいいから1時間ひとりでしゃべってくれ」といわれて、
『広辞苑との対話』
というネタやったことあります。

舞台に広辞苑を持って出て、てきとに「ぱ」と開いたページに指を置き、そこに示されたことばについて何分かしゃべるという。

それを1時間続けた。

究極のトーク・パフォーマンス。

なに話したか忘れましたが。


そういえば明朝、ラジオ生放送でます。

J‐WAVEの「GOOD MORNING TOKYO」。

別所哲也さんとのフリートークです。

ネタないのですが。
(ふだんは映画のプロモーションとかです)

朝8時20分頃から。

頭が起きているといいけれど。

ええと。

「国際ニコニコ映画祭」のネタは、また明日書きます。

15:47