Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

Feb 9, 2008

ZEN

父の命日で、
お墓参り。

もう20年になりますか。


ウチの菩提寺は巣鴨にあります。

手塚治虫の墓、というものはなくて、手塚家累代の墓です。

横には手塚良仙の碑があります。

良仙さんはぼくの曾々祖父に当たりますが、江戸時代に徳川に仕えていた侍医。

何代も、医者の家系でした。

父が『陽だまりの樹』というマンガに描いているので、皆さんご存知かもしれませんが、そのモデルとなった人物です。

舞台では中井貴一さんが演じましたね。

実は中井さんとぼくは中学、高校が一緒で、隣のクラスだったんです。

これも縁ですね。


ところでその菩提寺は曹洞宗。

ぼくはウカツにも、結婚するまで宗派を気にしたことがなく、

当時、岡野玲子は『ファンシイダンス』を描いていて、主人公は禅宗の修行僧。

ぼくはそのイメージアルバム(レコード)まで作っていながら、自分の家が禅宗とは気づかず、

岡野に大いに笑われたものでした。

「どおりで坊さん臭いこと言うと思った」

と言われましたっけ。

もちろん家によって宗派がありますが、実のところ日本人はある部分、みな禅の精神があるように思います。

禅は同じ仏教でも、あの世のことや因縁や宇宙の真理よりも、現世をいかに考えて、いかに生きるか、という気持ちの構えのようなところがありますね。

自我を滅して、欲を消し去り、本質だけに生きる。

武士道とか、お茶やらお華やら、日本らしさといわれるものは、たいてい禅的なものです。

シンプルで美意識が高く、究極にソフィスケイテッドされた生き方。

まあ、いまの日本人がそうかといえば、まったく逆にも見えますが、

少なからず心の片隅に自然にそんな気分が残っている。


それだけ禅が影響力があったのではなくて、むしろ日本人にはもともと禅的資質が多分にあったのかもしれません。

だから日本の禅は、本質的には仏教ですらないのでしょう。

長くなりそうなので、この話の続きはまた今度。

さて今年は生誕80年にあたるので、手塚治虫の企画が目白押しです。

ぼくが自ら企画しているものだけで大きく5つ、

関わっているものを合わせると10個は下らない。

全部実現するかはわかりませんが、

いくつかは成立するでしょう。

正式に決まったら、順次発表します。

23:50

Jan 27, 2008

ALARM

早朝から電話が鳴って起こされました。

警備会社からです。

実家のセキュリティが留守の間に警報を鳴らしていると。

もちろん警備のスタッフがすぐ駆けつけて留守宅を調べたところ、特に問題はなく、おそらく3階の窓の雨戸が強風か何かの理由でガタついて、警報が鳴ったのでしょうと。

3階というのは外から入れません。

しかもその部屋は屋内から施錠してあって、中からも入れないのです。

いったい誰(何)のいたずらか。


以前も似たことがあったので、ああ、と思いました。

たぶんオヤジだな、

と。


3階には父が作品のグッズやら資料やら、蔵書やら個人的な宝物やらを収蔵していた部屋があって、生前は時間があればそこへこもってひとりの時間を楽しんでいたものです。

普段は施錠されていて、家族でもなかなか入れなかった。

いわば父の「秘密の部屋」です。

いまは大事なモノは他へ移しましたが、基本的にはまだ父がいたときのまま。

たしかそこには、父の蝋人形も立っていた。

だから、いまでもときどき父が歩き回っているのではないかと。

あるいは、なにか探しているのか。


以前、ウチを訪れたスタッフに冗談で

「この家、亡くなった父が出るみたいよ」

と話したところ、怖がるかと思いきや

「えっ! サインほしい…」

と言われたことがありました。

ごもっとも。

一般的には怖くないですよね。

イメージとして。

どこまでも「マンガ」なヒトでしたから。

04:12