Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

Jan 8, 2009

A F Q

いくつか質問に答えます。


「父親との一番の思い出は?」


ぼくが中学生の頃、ふたりでハリウッドへ行ったのが、やはり大事な思い出ですね。

ハリウッドのどまんなかの大きな劇場で、ちょうど「スターウォーズ」と「未知との遭遇」を上映していて、ハシゴして観ました。

つまり、
手塚治虫と並んで「スターウォーズ」を観たのですよ!

観終わって、どちらの映画が良かったかといえば、

ふたりとも
「『未知との遭遇』の前半!」

意見が一致して嬉しかったな。


あと、ディズニーランドとユニバーサル・スタジオも見学しました。
(どちらもまだ日本にはなかった)

そのときは8mmカメラを回していたのですが、
父の姿は少ししか映っていない。

父よりハリウッドの景色の方が珍しかったから。

最近ハリウッドに行って、ついそのときのことを思い出しました。

次の質問は

「髪の色が白いのはどうして?」


ものすごくスタンダードな質問です。


髪を染めているのですか、と聞かれますが

正確には染めているのではなく色を抜いてます。
(ブリーチといいますね)


『白痴』の撮影が始まるときに、願をかけて白くしました。

そうしたら、なんだか気分も見た目も軽くなって、
まるで宙に浮くかのようでした。

友人たちも
「そのほうが手塚サンの本当の姿みたい」
というので、

以来、10年間白くしています。


たまに赤やら青やらにしていましたが、

すぐに白に戻っちゃいます。

このほうが落ち着くんです。


だいたい月に1〜2度色を抜きますが、

さすがに10年も続けていると根本以外は真っ白。


この髪だと人混みでもすぐに見つけられるから便利なんですよ。

質問から答えまで時間がかかったり順番が変わったりしますが

気分もあるので

ご容赦くださいね。

03:04