Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

Mar 1, 2013

GIRL, GIRL

宝塚歌劇の
『ブラック・ジャック』を観に行きました。


ひさしぶりの歌劇だったので
色々な意味で新鮮で

この男優は色気があっていいな、

そうか
男じゃなくて女か…

とボケてしまうほど
男役が男らしく、

さすが宝塚

と改めて想いましたね。

女が演じる男が、男よりも男っぽく

男が演じる女が、女より女らしい

というのが
芝居の基本だよな

と再認識したところです。

未涼亜季さんのBJもなかなかの男前でしたが

ピノコが実にピノコっぽくて
良かった。

ところで

宝塚市の手塚治虫記念館に立ち寄った際に、

「こんな本で紹介されました」

と手渡されたのが、
『東京シャッターガール』
というマンガでした。


女子高生が写真を撮りながら街歩きをするという
シンプルなマンガなんですが

記念館をはじめ、
宝塚のあちこちが登場します。

(なぜ「東京」シャッターガールなのに兵庫県の街歩き? という疑問はともかく)


東京に戻って翌日、
知人のカメラマン小林幹幸さんから電話が入り、

「東京シャッターガールというマンガがあるのだけど、そのムービーを撮らない?」

というお誘いが。


なんと絶妙なタイミング。


作者の桐木憲一さん自らプロデュースされて
ショートムービーを作るというので

偶然は必然、
ということで
迷いもなく参加することにしました。


実は
ぼくは中学で写真部だったんですよ。

そのころはまだデジタルなんかないから
みんなフィルム。
部室に暗室があって、
そこで現像したりプリントしたり
してました。

でも
どちらかといえばフマジメな部員で
あまり写真は撮らずに
遊んでばかりいましたね。

そのうち一緒にいた同級生と8ミリカメラにはまってしまったので
そこからはムービー一直線という感じです。


ちなみに
雑誌委員会の委員長もやっていて
つまりは編集長なんですが、
学内の取材をして記事を書いてましたが
そこでも
自分の写真は使わなかったなあ。


写真、ヘタでした。

いや、
いまでもヘタです。


恐らくムービーばかりやってたので
「スチールカメラ」というものに馴染まないのだと思いますが

ヘタの横好きで
写真は撮っています。


すてきな女性に出会うと
ついモデルをお願いしてしまう。

それで
100人くらい撮れば少しは上達するかと想って

あとひとりで100人
というところまで
ポートレイトを撮りためたのですが


上達したのは
カメラの腕ではなくて


女性との会話でした。


とんだ
「シャッターボーイ」
です。

00:30

Sep 11, 2009

SCRAPS

新潟では写真撮影のほかに

おなじみの8ミリを使ったアートフィルムの撮影もしました。


隙間なく時間を使ってます。

HDだデジタルだ3Dだと発展する映像の進化に完全に逆行するような

低解像度・不鮮明・制御不能の

アナログ映像の極致は

完全にアートの領域になりました。

今回の撮影場所に指定したのは

「スクラップ置き場」。

廃棄物や鉄くずが積まれているところ。

秘密基地のキムさん以下、新潟の皆さんが近隣を駆け回って


本当に、文字どおり駆けめぐって


見つけてくれたその場所は

鉄くずが10メートル近く積まれた山になっている

ものスゴイ場所。

なかなか都心ではお目にかかれない

こうしたロケ場所が見つかるところも

地方ならではですね。

そこで出演するユキさんも

新潟での常連俳優。


彼女はふだんダンスをしているので

動きやポーズが実にサマになるのです。


ぼくの8ミリ撮影は楽しく容赦ない。


鉄くずの中で暴れたと思えば


巨石の山に登らせ


海中で踊ってもらう。

肉体を酷使しながら


なかなか美しく不思議になります。


気の合う仲間と不思議なことで労働するのは

いいものです。


ヘトヘトになりますが。

そして

ヘトヘトになりながらも

しっかり打ち上げで呑んで盛り上がるところにも


新潟を感じますね。

23:00

Aug 29, 2009

GLOBAL

今年はブログを日記にせず

エッセイ風にしよう

と決めていたのですが

ふと気づくと日記のようになっている。

しまった。

毎日いろいろあるので、つい引きずられます。


本当はここに書ききれないくらい、いろいろなことがあるんです。


まあ、様々な事情で書けないことが多いから、

それで日記は断念していたのですけどね。


このところ

グローバルということを考えています。


インターナショナルとグローバルはどう違うか。

たとえば日本のマンガが世界で読まれる。


これはマンガがインターナショナルなものになりつつある

ということです。


もっとも、

世界で誰もが日本のマンガを読んでいるわけではなくて

若い人や、知識層の一部にすぎませんが。

ところが

日本のマンガや物語が

海外で映画や番組になる。

するとそこには

日本の考え方をベースにしながら

世界のあらゆる民族と文化がないまぜになる。


それが世界で楽しまれる。


そうなると

これはグローバルなコンテンツになるということです。


エキゾチズムではなく

世界基準。

寿司は

少し前まで日本のエキゾチズムの代表として

インターナショナルに流行っていました。


いま、

寿司は世界基準の食べ物になりつつあります。


カレーやパスタが世界基準になったように、

あるいはハンバーガーのように。

すると世界のどこでも似たような文化になってしまって

地域の特性が生かせず

味気なくなるのではないか

と懸念されます。

だからこそ

きちんとした文化

意義のあるものを伝播させたい。

歴史に裏打ちされた日本の精神を


実はそれは、はるか昔に伝播された

グローバルな人間精神だったりしますが


それがせめて生活の中に残存している日本から未来にむけて

伝播させられないかと。

いたずらな経済観念だけで

コンテンツを輸出するのではなく。

11:26

May 1, 2009

OTSUKARESAMA

業界では、

朝でも 夜でも


「おはようございます」


の挨拶で始まります。


そして


「お疲れさまでした」

で終わる。

そのどちらの目的にも使える

「よろしくお願いします」

という挨拶もあります。

いかにも業界用語なんですが、


海外で仕事をするときに、

「おはようございます」

「よろしくお願いします」

「お疲れさまでした」

にぴったり代わる英語の表現がないので困ります。

単純に訳すれば

“Good Morning”

“Please Do Your Best”

“Thank You For Your Help”

とかでしょうが、

ニュアンスはだいぶ違う。

日本語の挨拶には相手に対する敬意と気遣いがこめられている。

と、同時に双方のカンケイが語られている。


「お疲れさま」

といえば、

「オレは疲れた」

ではなく、

「あなたもわたしもたくさん仕事をしましたね。さぞお疲れになったでしょう。ありがとうございました」

というだけの意味をこめています。


それを

「お疲れさま」

と一言でいえる。

便利です。

もうひとつ、日本語の挨拶には、

たくさんの感謝、

特に神様への敬意がこめられています。


神様といってまずければ、大自然といいましょうか、

宇宙といいましょうか。

たとえば

「いただきます」

「ごちそうさまでした」

は、


“料理を作ってくれたヒト”
“その場に集うみんな”
“農家の方や、食材を育てたり集めたりしたヒトたち”
“食材となってくれた動物や植物”
“それをもたらす自然”
“ヒトを生かしてくれているこの宇宙”

すべてに対する感謝の念がありますね。

これがキリスト教文化だと、

食前のお祈りで感謝するのは

神様オンリーでしょ。

日本て、面白いですよね。


なんか、


いいですね。

だから

業界用語かもしれないけど


「おはようございます」

「お疲れさま」


も、

なかなか捨てたものではない、

と思うんです。

00:10

Apr 27, 2009

NAGI

タレントの草なぎさんが逮捕されて想ったこと。


「自然のままの姿」がなぜ「わいせつ」で「罪」なのか、という根源的疑問。


酔っぱらうと家宅捜査されるかもしれない、
ということ。


タレントが酔っぱらったことで政治家が憤ったり、公式見解を出したりするという、この国。


同じく、タレントが酔っぱらった話がすべての新聞の1面に載るという、この国のマスコミ。


どんな著名な人間でも、孤独を抱えていること。


誰しも、歳とともに酒に弱くなっているという自覚が足りないこと。


芸能界の裏に、様々なかけひきがあるという、リアリズム。


「なぎ」という漢字を皆が覚えること。

ちなみにこれを書いている携帯ではこの字が出ません。
あとで書き直します。


「ナギ」は「イザナギ」のナギであり、

これは神話的な出来事であるということ。


そういう意味では、これは

カーネルサンダースが川から拾われた、に次ぐ、事件なのかもしれない。

21:28

Mar 16, 2009

ていねいにいったり、
上品にいうとき

「お」 とか 「ご」

をつけるじゃないですか。


飯 は 「おめし」 とはいわず

「ごはん」

ですね。


「おかず」「お味噌汁」「お漬け物」「お茶」… 。

これが洋食だとヘンになる。


「おパン」とはいわない。


「ごパン」


これも無理がある。


「おスープ」「おサラダ」

いわない、いわない。


「おステーキ」 「おスパゲッティ」 「おパエリア」 「おボルシチ」 「おデザート」 …


ヘン。


まあ、許せるものとして

「おコーヒー」 「お紅茶」

くらいかな。


ちょっとオバサマ用語ですね。


ああ、

それで思い出した、


国の名前には 「お」をつけない。

「お日本」 とはいわないし、

「おアメリカ」 「おカナダ」 「おイギリス」


でも、

「おフランス」。


これは … いうかも。


赤塚さんの『おそ松くん』でイヤミがいった。

「ミーはおフランスの生まれざんす」 とか。

(ちょっと違うかもしれません)

「おロシア」

これも歴史の本に出てきそう。

江戸の頃はいったかも。

「オロシヤ国」 って。

「お中国」


これはいわないけど、

ちょっと響きがいい。


「お朝鮮」


これもかなりいける。


「お朝鮮」


「北朝鮮」というよりやわらかい印象がする。


「お韓国」 「お台湾」 「お香港」

なんか抹香くさいかな 。

実は、

うちでは固有名詞もていねいにいうんです。

ていねいというか、


ヒトも、生き物も、

モノも、 同列なもので。


すべて 「さん」 づけです。

「ごはんさん」

「パンさん」

「トリさん」

「虫さん」

「ゴキブリさん」

「ゴミさん」

… 。


「お」 をつけるよりいいやすいでしょ?

たぶんね、

ヒトが虫やゴミより上である、

と想ってないんですよ。


宗教あるとそうはならないだろうなあ。

特に キリスト教とかは。

日本人は

「お月さま」

って呼ぶじゃないですか。


あれ、素敵ですね。

「お星さま」

とかね。


星をていねいにいったりするのって、

もしかしたら古〜い文明の証しかもね。

01:57

Mar 15, 2009

KO

気がついたんですが

日本の哺乳動物は

「こ」 をつけると、かわいくなる。


「こいぬ」「こねこ」「こぐま」「こぎつね」「こじか」「こりす」「こねずみ」…


これが他の国の動物だとそうはいかない。

たとえばアフリカだと

「コゾウ」「コキリン」「コサイ」「コカバ」「コゴリラ」「コチンパンジー」…

ほら、あまりかわいくないでしょ。

「コカンガルー」「コナマケモノ」「ココアラ」「コバイソン」「コラクダ」「コシロクマ」「コバッファロー」

かわいくない。


フシギ。

でも日本の動物でも空を飛んだり泳いだりするケモノはダメ。


空を飛ぶもの:「ココウモリ」「コムササビ」「コモモンガ」

泳ぐもの:「コアザラシ」「コカワウソ」「コアシカ」


あと、微妙なもの:

「コクジラ」「コイルカ」など。

だからなんだというわけじゃないんだけど。

誰がつけたんでしょうね、

動物の名前 って。

00:01

Mar 14, 2009

KABKI

日本の伝統文化を楽しむ1日。


まず国立劇場で

日本各地の「獅子舞」

を見る。


東北の、ちょっと珍しい獅子舞など。


舞台でみる獅子舞というのはおかしなものだが、

現地ではお祭りで行われるわけで、

人出もあるだろうし、
なかなか落ち着いてじっくり、という訳にいかないから、

これはこれで見物かも。


宮城の「鹿踊」は、獅子ではなく鹿の格好で踊るのだけど、

ちょっとびっくり。


なかなかシャーマニックなダンスだ。

400年前に猟師が始めたと伝えられてるが、

本当の起源はもっと古いかもしれない。


なんだかアメリカのネイティブのダンスを見ているようで不思議だった。


フランスのレ・トロワ・フレールの洞窟壁画には、頭が鹿で、2本脚で踊る人物の絵がある。

シャーマンだという説明になっているけれど、

鹿踊はそれを彷彿とさせて興味深い。

さて夕方からは新橋演舞場で久々に猿之助歌舞伎を観る。

演目は

『獨道中五十三駅』。


猿之助らしい外連(けれん)たっぷりの芝居で、

水中の場面では海老やヒトデ、タコが魚の群と舞い踊り、

右近が化け猫を演じて猫と一緒に踊ったかと思えば、

宙乗りで客席の上を飛び、

20トンの水が滝になって流れる中で段治郎が立ち回りをやり、(本当に水に飛び込んだり)

さらには右近が15役早変わりという絶後の芸を見せる。

同じ場面に4人の右近が同時に出る、

という手品のような早変わりだ。

こういうのを見ていると、

日本というのは、本当にオモシロイ

というか

ヘンでいいなあ。

それにしても1日に、

獅子、鹿、海老やタコやヒトデ、猫が踊る様を見た。

ほんと日本人は動物が好きなんだなあ


いまだにアニミズムでシャーマンの国

だと想うよ。

02:36