Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

Apr 8, 2010

POS PRO

仕事は重なるときには重なるものです。

3つの映像作品のポスプロ(= ポスト・プロダクション = 仕上げ作業 = 編集、録音)を

同じタイミングでやらなければならなくなりました。


ひとつは実験映像、


もうひとつはミュージックビデオ、


そして三つめはテレビの深夜ドラマ。


それぞれ短編ではありますが


特に実験映像やミュージックビデオは自分の手で編集するので

重なるとタイヘンなんです。


それこそ


毎日睡眠3時間とか


そんな感じです。


毎日別々の作品を手がけるのは


充実といえば充実かもしれませんが

じっくり作品に取り組めない

という

辛さもあります。

いつまでやっていてもいい


ということなら


1週間でも


1ヶ月でも

1年だって


かけられる。


でも


だらだらやっていたら


結局どれも終わらない。


実際には

ひとつ仕上げるのに


1 〜 2日。


つまりそれだけ

見極めの早さが必要になります。


プロとはそういうことなんです。


与えられた時間を守る


ということ。


ていねいに時間をかければ

いいものになるかもしれません。

しかし

その時間が与えられなくても


完成させなければならない。


だから

自然と勘が働くんです。


長年やっていると


作る勘


というものがわかってくる。

単に技術力を磨く

とかではなく。


むしろ乱暴な作り方かもしれない。


えいっ


とやって


パッ


と決める。


計算ずくじゃなくて。

偶然 とか 運 とか

そんなものを積極的に取り入れる。


それは計算で作り上げた精度ではないかもしれませんが

むしろ計算や想像を越えるといいますか


ものづくりの


神秘


です。


それは


すべて自分が作っている


というおごりを捨てないとできません。


むしろ

人間が作ることができることはわずかなんだ

と自覚することなんですが。

11:09

Mar 3, 2010

LONELINESS

仕事がたくさんあって


それも自分が望んだ仕事で


環境は整っていて


ちゃんとした家庭があって

暖かい布団と

おいしい食事があれば


いったいどんな不満があるのか


と想うでしょう。


でも

創作者というものは

いつでも

寂しいものです。


おそらく


心を切り刻み

精神的なエネルギーを使う仕事

だからだと想いますが。

映画作家は

オリンピックの選手のように

自分ひとりの闘い

というわけにはいきません。

大勢のスタッフや出演者と一緒に

作り出します。

それでも

孤独なものです。


今日はふたつの会議と

4つの作品の打ち合わせをやり


英会話と


新人女優のレッスンを


やりましたが

ますます空虚は募るばかりです。


どんなに満ち足りていても

心の空虚は埋めようがない。

そこが

この職業の

つらいところであり


美しいところでもあるのですが。

01:19

Feb 14, 2010

PARADE

あけましておめでとうございます。


今年は旧正月と日曜がうまく重なりました。

月に合わせた暦

というのは理にかなっていると思うんですけどね。

ささやかに正月のお祝いをしています。


さて

今年は作品作りに励んでいます。

作品といってもふたつあって


自主的に作るものと


仕事として頼まれて作るものです。


後者は

リクエストがあれこれあって


テーマが与えられたり

条件が決まっていたりしますが

なによりも


予算と締め切りがある。


予算は時間と密接な関係があって


たとえば予算から逆算すると

撮影は1日でやらなければならない

ということが起こります。


いまは映像業界も

不況です。

予算は10年前の半分か

それ以下ですね。


ひとつ仕事に対して

5個から10個くらいのアイデアは思いつくのですが


大半は予算と時間の都合で実現できません。

小説やマンガはいいな。


アイデアはすぐ形にできるでしょう。

映像はすべてにお金がかかります。

たとえば


「仕立ての良いスーツを着た紳士」


が必要となれば


仕立ての良いスーツ

紳士

を探さねばなりません。

紳士さんには予定もあるでしょうから

日にちを合わせたり

撮影現場に来てもらう段取りも考えなければなりません。


着替えたり休んだりする場所も必要ですし


お昼には食事も出さなければなりません。


お礼もしなければならない。


小説やマンガでは必要ないことばかりでしょう。


だから

消極的発想をしがちです。

「予算のかからないことは何か」

「1日で撮影できることは何か」

「衣装や美術がいらないアイデアはないか」

とかね。

そこで今度は


発想の転換


が必要になります。

異質感

意外性

なんかを持ち込みます。

「仕立ての良いスーツを着た紳士」

女性だったらどうなる?

子供だったら?

数百年前のアフリカのヒトだったら?

地球人じゃなかったら?


とか。

いま

長編映画の企画を進めながら

5本の短編に取り組んでいますが

おかげで頭の中は

サーカスのパレードのように

空想的なイメージやアイデアが

行列してますよ。

21:06

ANXIETY

作品のロケに行く日


ハッ

と眼を覚まして

時計を見ると、

1時間おそかった。

自分の現場で遅刻!?


焦りまくって起きると着るものがない。

どうしよう〜。


焦りを通りこして、

怒りになってくる。

八つ当たりしかけて


また眼をさました。

夢だった。


時間通りに目覚ましは鳴り

遅刻はしなかった。


撮影の日は

いつも不安のかたまり。


楽しみにしていることなんてない。


心配だらけ。

なにしろ

作品は

すべて自分の責任だから。


前の晩はよく眠れない、

眠りは浅い。

必要なものは揃っているか。

段取りは大丈夫か。

天気はよいか。

すべて問題はないか。


撮影、行きたくないなあ


と思いながら

自分のお尻をたたくように起きて

出かける。

現場につくまでは、あれこれ考えないようにする。


集合場所について、

スタッフの顔をみて挨拶をすると

やっと少し気が紛れてくる。

希望がかなって

すてきなスタッフ

最高の出演者

を得ることができるのは


もちろん大きな喜びだ。

自分が好きだといえるものや

人々が

眼の前に揃っている。

これじゃあ

文句のいいようがない。


ロケのとき天気は本当に心配だ。


1週間くらい前から

天気予報チェックしてばかり。

前の日は

数時間おきに予報をみている。

晴れてほしい、

でも予報では雨または曇り。

雨さえ降らなければいい。


いっそのこと雪になれば、その方がマシ。


そう思って現場につくと


本当に雪が降り出した。

強運というべきか。

たしかに寒いけれど

ねらっても雪は降らせられないし。

高原で

一面の雪なんて

壮絶な情景だ。


これまで撮影で

何度も天気を味方につけてきた。

土砂降りを止まし


嵐を晴天に変えた。


都合よく雪になるのもありか。


「きれいな景色だね」


そういいながらも


撮影は楽しいものではない。

映像は期待通りになっているか

ピントは合っているか

露出は合っているか


スケジュール通りに進行しているか


出演者は凍えていないか。

心配の種はつきない。


だから

作品というものは

心配の結果にすぎない

というと


いいすぎかもしれないが。


それでも


作品を作ることができるのは

良いことだと

感謝しています。

02:46

Nov 2, 2009

AUTUMN

なぜか突然にクラシックバレエの公演に招待されて

かつてニジンスキーが踊ったという「牧神の午後」再現などをみてきました。


小牧バレエ団は

手塚治虫が若き頃にストラビンスキーの『火の鳥』を観て

マンガのヒントにしたという


由緒あるバレエ団です。

今回の公演は「リュス」と呼ばれるロシア・バレエの古典的なスタイルなのですが

前後するように「バレエ・リュス」という本が、

これも突然送られてきた。


公演とは別の、著者からの贈呈。


あまりにタイミングよすぎるので、

まるで仕組まれているようだな

と思いましたが


実は制作中のアニメの中にバレエの振り付けを取り入れたいと思っていたので

渡りに船とは、このこと。


いや、やはり仕組まれているのか。


突然といえば


知り合いでもない

LOVEさんというミュージシャンから

突然にトーク・ショーのお誘いがあり

出演してきました。

「LOVE・YA・DAY」という毎月やっている彼女のイベントで

毎月トーク・ゲストが入れ替わり、ミニ・ライブがつくという構成。

そういえばぼくもムカシ、やってたな〜。


「SALON TETRA」という

トークとライブの月イチイベント。


2年くらいやりましたっけ。


もちろんぼくは音楽演奏しませんが、

友だちのバンドとか入れて。

意外とタイヘンなんですよ、毎月のゲストのブッキングって。

LOVEさんは素敵な歌手だったので

どういう巡り会わせかわからないけど


いい友人ができたな、と。


ミニ・ライブといえば

最近ハマって聴いていた

俗曲師、うめ吉さん

(チャーミングな女性です)

の新譜を買ったら


ミニ・ライブの招待券がもらえたので


これはしめたと行ってきました。

うめ吉さんはいつも末広亭に出ているのは知ってましたが

ライブには行ったことがなかったので。

30分のミニ・ライブの後に

握手会

があるということで


ちょっと恥ずかしかったのですが

ついでに挨拶しようと並んでいたら

握手してくれたうめ吉さんは

ぼくの顔みてハッとしたので


つい

「手塚です」

と、名乗ってしまったら


「ひさしぶりです。どうしたんですか?」

ですと。

あれれ、知り合いだったっけ。


すごくボケている自分に驚く。


どうやら8年前に会っていたらしい。


なんで忘れていたのだろうか。


会ったことも忘れてハマっていたとは。

すてきな友だちをひとり取り戻した気分です。

うめ吉さんは童謡のCDも出しているのですが

坂本龍一さんが演奏した童謡のCDというのもあって


坂本さんも古い知り合いなんですが


それに映像をつける仕事をいただきました。


もちろん、子供たちに見せるビデオなんですが。


「ちいさい秋みつけた」

という

誰でも知っているうたに取り組んでいます。

ロシアバレエ、J‐POP、三味線俗曲、童謡と

とりとめなくあわただしい

です。

02:27

Jul 8, 2009

D‐EX

ご指摘ありがとうございます。

そうです、

鬼門ではなく鬼籍です。


疲れて頭がぼんやりしてると、とんでもない間違いをします。

さて新潟のビデオも無事完成し、

(12日よりテレビで流れるそうです)


いまはロンドンに持ってゆく映像の仕上げ中。

最近プライベートな映像作品は、フリーハンドで描くように8mmフィルムを手で露光して作り出す、

“ダイレクト・エクスポージャー”

という技法を使っています。


造語ですが。


アナログの手技の世界です。

デジタル主流の時代だからこそ、

アナログが新鮮です。

さて今日は午前中にアニメの打ち合わせを渋谷でしてから

午後は京都で講演会です。


夜はおそらくビデオの編集作業です。


いったりきたりです。

21:43