Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

Apr 9, 2010

IFF

その

完成した実験映像作品


『MIRAGES』


がイメージフォーラム・フェスティバル2010

で上映されます。

http://www.imageforum.co.jp/festival

Aプログラムの中の1編で

東京は

新宿パークタワーホールで


4月28日17時45分からと

5月2日15時30分から。

京都は

ドイツ文化センターで

5月11日15時10分。

おって

福岡、名古屋、横浜

でも上映があります。


今回の作品は


昨年、ロンドンで行われた


DNA


という展覧会に出品した作品の


ニューバージョン。


もちろん

日本では初上映になります。


この作品については

書きたいことがたくさんたくさんあるのですが


とりあえずさわりだけいうと


「蜃楼(かいやぐら)」をモチーフにした

完全な美術映画で

3部構成になっていて


各作品は撮影場所、出演者、スタッフがすべて異なり

8ミリフィルムですべて撮影されているということ


(日本の8ミリは今年かぎりで生産がおわってしまう)、

なので

フジ8ミリフィルムに対するレクイエムでもあります。


音楽が


尊敬する


JOHN FOXX氏 !


だということ

(1曲のみ ハロルド・バッド氏! も参加している)

もちろん

すべて未発表の新音源。


出演者には


ベリーダンス界のスター MISHAAL、


すっかりTZK映像の顔になった


江口ヒロミさん


は今回、着物姿。

そして

7年ぶりに


橋本麗香さん! が


出ています。

『ブラックキス』以来です。


個人的にとても嬉しい

豪華な顔ぶれで

作品を作れるのは

人生のご褒美

のようなものですね。

16:37

Nov 10, 2009

BEFORE AND AFTER

新潟で撮影した『白痴』が10年を迎え


というのは前に書きましたが

今月それを記念したイベントが


その新潟であります。


11月16日から毎夜1回、『白痴』ゆかりの市民映画館シネウィンドで上映。

さらに21日には

「ビフォー・アンド・アフター白痴」と題して

監督(ぼく)、俳優(あんじ)、プロデューサー(古澤ビンブン)のトークショー、


さらには史上初?の

「コメンタリー上映」

をやります。

映画を上映しながら監督みずからが解説

という

ご法度なイベントです。


業界からはみだした映画『白痴』ならでは。

あわせて劇場ロビーで映画『白痴』展も開催。

監督直筆絵コンテや小道具などの展示があります。

詳しくは

http://www.neontetra.co.jp

または

http://www.wingz.co.jp/cinewind/

へ。


ひとつ前の情報と後先になっちゃいました。

つまり新潟で

3つのイベントが今月あります。

10:48

Nov 8, 2009

VISUAL BOX

新潟イベント情報 第2弾。


地元の若手クリエイターと手塚眞の共演。


「VISUAL BOX」

なにをやるかというと、


「水のシアター」

「土のギャラリー」

というものが新潟市内に出現するのです。


もちろん、期間限定。

ちょうど新潟市では

「水と土の芸術祭」をやってます。


それにちなんで

といいますか


提携企画です。


「水のギャラリー」では

8ミリフィルムを使ったアートムービーのパフォーマンス上映をやります。


ようするに

ここで1回きり観られるライブ映画というわけです。


作品は

成長する映画『惑星TEトLA』。

新潟2009バージョン

(今年、新潟で撮影した場面入り)。

それ以外にも

地元アーティストのダンス映像パフォーマンスやら

8ミリアンソロジーの上映などなど


盛りだくさん。


11月22日。

1日だけの特別イベント。


「土のギャラリー」は

初の写真展をやります。

数年前から趣味的に撮っている

「BOX」のシリーズ。


これは

友人たちのポートレート

なんですが、

テーマが

「箱」

で、

箱に入ってもらって撮っています。


いわば箱入り女性の写真集。


地元、新潟のモデルも加わり、

50人たまりました。


実は

100人たまったら発表しようと考えていたのですが

まだ半分で

途中報告という感じ。


11月15日から29日まで。

上古町の秘密基地にて。


会期中は会場でも撮影会をやります。


モデルになりたい方は応募していただけると

ぼくがそこで撮ります。

ライブつき展覧会ですね。


こういう、ストリートな感覚の小さいイベント、

大好きです。


ちょっとヒミツっぽい、


探してみつける感じも。

詳しくは

http://www.hakorazumo.com

または

http://www.neontetra.co.jp

で確認してください。


今月は

新潟で暴れます。

02:17

Sep 16, 2009

INFO:

ライブイベントがあります。


DRIVE TO 2010

手塚 眞 PRESENTS

RETURN TO THE FUTURE

80年代、素晴らしい未来はすぐ近くまで迫っていた。

あの頃のドキドキするような未来は、どこにいったのだろう。

もう一度、未来を取り戻そう。

こんな現実ではなくて、もっと素敵に輝く未来を。


手塚眞がお届けする、ミュージック・パフォーマンスの夕べ。

出演アーティスト:

FILMS

『星くず兄弟の伝説』にも参加した赤城忠治率いる、真の伝説バンド。
日本のバグルスともいわれた極上のテクノ・ポップ。
1日だけの、ぜいたくな再結成。
「パール兄弟」の窪田晴男(g)参加予定。

dip in the pool

『白痴』主演のスーパーモデル・甲田益也子とサウンドマスター・木村達司のユニット。
美しくピースフルな世界に浸ってください。

トンチ

スティールパンを演奏するふしぎ少女・トンチの美しくなつかしい癒しの音。

10月14日(水)

18:00 OPEN 19:00 START

会場:新宿ロフト

前売り3000円 当日3500円


チケットぴあ、ローソンチケット、DISC UNION などで発売中。


※この企画は30日にわたって開催されるライブイベント「DRIVE TO 2010」の企画です。

詳しくは http://www.driveto2010.com/index.htm

14:22

Sep 5, 2009

BAKANEGI

新潟古町の繁華街に

なぜか

博多長浜ラーメンの店があり


夜中に小腹が減ったのっで立ち寄ると

店内には50’sのロックンロールが流れていた。


これはグローバル化なのだろうか。

「ばかねぎラーメン」とメニューにあったので頼むと、

ねぎが山盛りにトッピングされていた。

「おおばかねぎラーメン」というのもあったので

聞くまでもなかったのだけど


「さらにたくさん載っているんですか?」

と訊ねると

「ラーメンがみえないくらい載っています」

と店員の兄ちゃんは親切に答えた。


新潟には11月に行う予定のイベントの仕込みにきている。


映画『白痴』10周年記念上映と

8ミリ映画のパフォーマンス上映


さらに

初の写真展


を予定中。

新潟で撮影された『白痴』は自分にとっても大事な映画だけれど


坂口安吾再評価につながったり

フィルムコミッションができたりと

地元にも少し貢献できた。

あとの2つのイベントは

アマチュアイズムとはなにか

問い直すような企画で


はからずも

新潟では

「水と土の芸術祭」が開催中であり


それに合わせて

「水のシアター」

「土のギャラリー」

をやってみようと

地元の面白き人々と企んでいる。

今回は

「秘密基地」

「新潟美少女図鑑」

とも提携した企画で


昨日は朝から「新潟美少女図鑑」から選り抜きの美少女9人を箱に詰めて撮影したりした。


と文章にするとワケわかりませんね。

写真は趣味程度にしかやっていないのですが


知り合いの女性を箱に入れて撮る


というポートレートの連作をしていて

100人くらい撮ったらささやかに発表しようと思っていたのですが

50人を期に途中経過だけでも見せようかと


今回は新潟で

知り合いでもない女性たちを箱に詰めているわけです。


その撮影中にとんでもないものを見てしまったのですが


その話はまた次回に。

11:33

Nov 26, 2008

3AM

大阪でのトークイベントも無事におわり

(いらしてくださった皆さんありがとうございました)


スポーツ・バーというフシギな会場でしたが、


ナビゲーターのTsukikaさんの天然なツっこみと

何がなんでもまとめ屋のぼくとの珍妙な掛け合いで

90分が


あっ


という間でしたね。

話は盛りだくさんで

映画の演出のハナシに始まって、

どうやってインスピレーションがわくか、

役者のキャスティングのこと、

色の演出や

映画がウソつきだということ、

ホラー映画のテクニック解説やら

もしピノコをつくるなら、という質問やら


手塚治虫とのカンケイの話やら

手塚家が3代にわたって(写真、マンガ、映画)18歳でデビューしているということやら、

新しい映画の企画の話やら、


まあ〜、とにかくよくしゃべりました。


実は調子づくとかなりおしゃべりなんです。


ふだんは静かなんですけどね。

イベント後の打ち上げもしゃべり通しでした。


アルコールが入るとますます饒舌になって

「語り」始めます。


なんか正体不明な眉唾話を力説しちゃう。

たしか

ロボットの話から車のプロダクト・デザインの話になり、

おなじみの古代エジプト話からアトランティスが水没した話、

DNAの話から、宇宙からたんぱく質が地球にやってきたという説、

ヒッピーの教祖ティモシー・リアリーと温泉に入った話とか、

なんかとりとめなくしゃべりまくっているうちに


気がつくと午前3時。

(>_<)


翌日は午後から東京で経営の会議です。

意外と「しゃべる」のがストレス解消になっているのかも

しれませんね。

02:30

Nov 23, 2008

FAN EVENT

昨日は

手塚治虫ファン大会

が早稲田であり、


早稲田大学の大隈講堂をお借りして

ほぼ半日、6時間にわたるイベントでした。


もともと手塚治虫の生前に何度か開かれた催しですが

近年新たに復活させたわけです。

全国から数百人にのぼる手塚治虫ファンが集まって、


ゲスト・トークやお宝映像などを楽しみました。

ぼくはアニメの監督や声優を招いたトーク・ショーで司会をやりましたが


ぼく自身が監督でもあり主催者側でもあり、

いつもながら立場が微妙な参加でありました。


ゲストのようでもあり、
裏方のようでもあり・・・。


自身が司会者や主催側だと

手塚治虫について自分なりの意見があまりいえないのが難点ですね。

さて

明日は大阪で

自分のトーク・イベントです。

明日は

クリエイティブな仕事についての、ちょっと深い話など。


今度は自分の話だから

楽しみ。


お宝映像というか

珍しい映像を持っていこうかな、と。

http://www.subterraneans.jp

17:33

Dec 1, 2007

BLUEMAN

ブルーマングループの公演を観ました。

アメリカ発の、青い顔の3人組のボードビル・ショーです。

今日から始まる2ヶ月間の第一期興行はチケット即日完売だそうで、

来年2月からの第二期のチケットがやはり今日から発売開始。

日本初演ですが、すごい注目度ということなんでしょうか。

観たいというヒトがけっこういます。

実際アメリカでは以前から人気らしいです。

内容は、いかにもアメリカ人がはしゃぎそうな、

巨大な宴会芸、

ですね。


このために作られた大がかりな特設ステージには様々な仕掛けがほどこされていて、

それでちょっとしたくすぐりをランダムに展開します。


80年代からいろいろなパフォーマンスを目撃してきた経験でそれを眺めていると、つい冷めた目で見てしまうのですが、
なにかすべてが仕掛けに思えてきてしまいます。

3人といっているけれど、実際は6人くらいいるんじゃないかとか(顔が青いからわからない)、
チケット完売というのも実は宣伝の仕掛けじゃないか、とか。

単なる邪推ですので、根拠ありませんが。


芸はちゃんとやるのですが、全体にいかがわしいというか、インチキ臭いというか、

なんか騙されたような気分になるのは、
プロジェクト全体のスケール感と内容にチグハグな印象があるからでしょうか。

これが六本木の巨大特設ステージではなくて、渋谷とか池袋の小ぶりのイベント・スペースであれば、また印象は違うかもしれません。

似た印象があったのが、以前みた「グレゴリー・コルベール写真展」。

写真自体はコンセプトも明確できれいなのですが、会場となった台場の特設美術館の、無用に思える巨大スケールが、作品の背後に落ち着きの悪い経済的な構造を感じさせてました。


しかし期待して見に来てつまらなかったとか、好みではなかったからといって、怒るのも無粋というもの。

よく「つまらなかったから金かえせ」みたいなことを言うヒトがおりますが、そもそも入場料というのは木戸銭で、劇場に入るために払っているので、作品の内容じゃないんですね。

あれは「お楽しみ代」じゃないんです。

映画なんか最たるもので、制作費がいくらだろうが、大作だろうが小品だろうが、一律1800円でしょう。

劇場のために払っているわけで、作品は実はただで見ているのです。


見せ物小屋の気分というものがあります。

最近は減りましたが、かつては縁日に見せ物小屋はつきもので、
「世界でひとつの貴重な」とか「見ないと一生の不覚」とか、センセーショナルな口上に釣られて木戸銭はらって入ると、まあ、だいたいはがっかりするというか、あきれてしまうような出し物なワケです。

板に血が塗ってあって「オオイタチ」とかね。
だいたい「ニセもの」で、くだらないんです。

でもそれは縁日という「場」を盛り上げているワケで、
見せ物小屋はむしろそのインチキ臭さが大事です。

逆に、そこに「本物」があったら仰天しちゃいます。

これが国立博物館であったり国際フォーラムあたりで、新聞一面広告だのテレビCMだのを多量に打って数千円のチケットを予約させて、中身が見せ物小屋だったら、ちょっと問題あります。

つまり作品以上に「場」が大切で、

縁日のにぎわいの中で射的やら金魚すくいやらと並んでいる見せ物小屋はひとつの風物で、馬鹿馬鹿しさが身上なんです。

どんなに中身がインチキでつまらなくても、その「場」を面白がろうという気分が大事なんですね。

騙されてやろう、という気分です。

その「場」の空気を読むまでが難しいときもありますが。


ブルーマンは、そこがちょっと難しかった。

シルク・ド・ソレイユとかカッパーフィールドのイリュージョンとかを想像すると、違うかもしれません。

大がかりな見せ物小屋と思えば、騙されてもいいかな、と。

サテ今日からニコニコ動画という縁日で、「第2回国際ニコニコ映画祭」という見せ物の作品公募が始まります!

世界1のインチキ臭さを、お楽しみに。

15:30

Nov 4, 2007

FASHONSHOW

ショーは盛況で、お客が会場に入りきれなくなるほど。

こじんまりとしたイベントでしたが、雰囲気はかなり良かったです。

会場、ファッション、音楽、映像がうまくコーディネートされて、はっきりした世界になっていました。

SERAPHIMのナカモトさんのコレクションではありましたが、アーティストもスタッフも、誰がだれということもなく、みんなで手伝って作り上げたイベントでした。

なんかこういう、仲間が集まってほのぼのとしたイベントもいいものですね。

映像を映すスクリーンは、白い花に囲まれてかわいいのですが、事務所の舞さんがひとりで作りました。

スクリーンなんて白い紙さえあればいいのですが、
ひと工夫あればずいぶんと違うモノです。


弦楽のライブをやった「青い月赤い薔薇」の選曲と演奏もよかった。

チェロとヴァイオリンの二重奏なんですが、
クラシックのライブに映像をつけるのは好きです。

テーマが「Romantique」だったので、フワフワと羽が生えたような、夢の中みたいな映像になりましたけど。

ナカモトさんの服は相変わらずきれいでかわいいし。

それを着たモデルは異色の豪華さで、あんじ、朱里さん、島村千草ちゃんが揃ったのがなんか同窓会っぽくて懐かしかった。

ぼくも10年前に返った気分で、映像をプレイしましたよ。

いろいろ反省はありますが、気持ちのよいイベントでした。

23:43

Nov 2, 2007

LIVE VJ

明日はSeraphimのショーの映像をやります。

正確にいえば「ファッションショーの前に流す映像」なんですが。

クラシックのミニ・ライブがあるので、その背景にも映像を映す予定。

まあ、背景ですからじゃまにならない程度の薄い映像ですが。


昨日、朝までかかって編集しました。

ライブ用の映像は結構やっているのですが、なにしろデジタル苦手人間でしょ。

自然とアナログ〜な映像になってしまいます。

今回は自然の木や草を使ったグラフィックが中心になりそう。


最近、役者の出るドラマばかり撮っていたから、ひさしぶりに話のないグラフィック映像を作ると、

ああ、

いいなあ、やっぱり。

きれいなだけの映像は。


視覚的恍惚。


もともと大好きなんですよ。

理屈も話もない、純粋な映像美 って。


ふつうの映画好きには退屈かもしれませんが。

脳のちがう部分に響くんです。


ぼくが生まれて初めて監督した映画は50分のドラマでしたが、

2作めは台詞も物語も感動もない映画。


ぼくのアタマはこのふたつのクリエイティブの間を行ったりきたり、揺れています。

それでバランス取っている。


フシギなことに、作るときも意識が変わるんです。

映像そのものに演技をつけるというか。

映像に芝居をさせるというか。


そもそも、ことばや理屈から映画を解放させようというのが、ぼくの趣旨でもあります。

そして究極の目標は、このふたつが自然に組み合わさった、
溶け合った映画かな。

02:53

Jul 30, 2007

GEORGE

ああ〜。

やれやれ。

また昼間っからシャンパン飲んじゃって。

しょうがない堕落大人ですね〜。

だって雷なったんだもん。


理由になってません。


シャンパン飲めるってことで、知人に呼ばれて業界パーティに行って、ジョージ・クルーニーさんに会いました。

彼も映画監督ですものね。

ハリウッド・スターといえどもいろいろ営業仕事でタイヘンです。

本業以外で日本までご苦労さまです。

映画作るには政治的な顔も必要ですものね。

同じパーティで久しぶりに菊池凛子さんにも会えました。

前に会ったときはまだ初々しい新人でしたのに。

いまやスターの貫禄です。

いずれ仕事できればいいなと思ってるのですが。


ジョージとは仕事ないかもしれないけど。

21:10

Jun 8, 2007

CULTURE CENTER

朝日カルチャーセンターで『手塚治虫・天才の秘密』という講座をやりました。

まあ、ヒミツといっても基本的なマンガとアニメの話です。

マニアックな「ここだけのハナシ」にはなりません。

手塚治虫の発想の原点は何かとか、表現のルーツは何かとか。


近年はそんな講演をいくつもしているので、ネタも決まってきて、自分でちょい飽き気味ではあります。


正直なハナシ、マンガやアニメの話もいいんですが、ぼくはやはり映画の人間ですから、映画のハナシがしたいなあ。

と、想うこの頃。


映画の演出を教えるスクールでもやろうかな。
なんて妄想しちゃいますよ。

時間があれば、若いヒトにシンプルな基礎を教えたいんです。

すべての複雑な表現が、実はシンプルな基本から成立していること。

企画の立て方とか、脚本の書き方とか、コンテの切り方とか、俳優の演出とか、編集の仕方なんかを。

21:46

Jun 7, 2007

BUNKASHOW

「手塚治虫文化賞」の受賞式に行きました。

今年で11回め。

マンガ大賞に山岸涼子さんの『舞姫 テレプシコーラ』。
(すいません、名前の正しい漢字が携帯で出ません)

新生賞は岩田和博さんとのぞゑのぶひささんの『神聖喜劇』。

そして短編賞は森下裕美さんの『大阪ハムレット』。

どれも挑戦的であり、読んでおもしろく、そして日本人の心や感じ方、見方、感性をきっちり描いています。

日本のマンガとアニメは一緒に語られることが多いのですが、やや無国籍(というより秋葉原籍?)なアニメより、マンガの方が日本人をきちんと表現しえているのは、言うまでもありません。

海外で日本のアニメは真似できても、日本のマンガはなかなか真似できないでしょうね。

少なくとも今回の受賞3作品は。

現代の日本マンガを十分代表できる資質を備えた作品です。

ぜひご一読を。


ちなみに
ぼくは毎年ここでは祝辞と乾杯をする役目になってしまっています。

それにしても色んな立場がありすぎて、かえって客観的になれます。

手塚治虫の遺族であり子息として。
手塚プロダクションの取締役として。
来賓を代表して。
マンガやアニメにも関わるヴィジュアリストとして。
加えて過去の受賞者として。


マンガ界のお歴々を前にマンガの話をするのはとても恐縮いたしますが。

20:04

May 15, 2007

SLEEPY

なんだか、

とっても 眠い。

どうしたんだろう。


今日は朝から会議に出て、午後はNHK文化センターで講座しました。

「父の背中、母の教え」というシリーズで、著名人を親に持った表現者が語る。

講座タイトルは「アトムの家」。

たっぷり90分、しゃべりまくる。

話しているうちに両親を褒めちぎってました。

なんか手前味噌で嫌なんですが、自然に褒めるのだからしょうがない。

ぼくは、子供がどう育つかは、教育とかしつけもあるかもしれないけれど、何より

両親の仲

が大きく影響するように想いますね。

ウチの両親は、とても仲よかった。


このトークは9月にNHKラジオ第2『NHKカルチャーアワー』で放送されます。


それにしても眠い。

帰宅して、食事もできず、倒れるように眠る。

やっぱり疲れが貯まっているのかなあ。

明日は映画やマンガやイベントの打ち合わせ3本。

がんばろう。

23:45