Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

Sep 3, 2008

ZECHIA

東京コレクションの zechia のショーに行きました。


zechia は友達の LICAちゃんとNAKAぴょんがやっているブランド。

ふたりはもともと “20471120”をやっていて、

大阪の心斎橋ではじめて人気になって、

東京進出。

映画『ブラックキス』をはじめ、いろいろ手伝ってもらって

というより、

よくパーティで遊んでました。


zechia で再出発の彼らですが、

やっぱり、きれい。


今日のテーマは“ladybird”、

てんとうむし。


POPでかわいい感じでしたが、

LICAちゃんのシックなラインの中にある挑発的でアヴァンギャルドな部分と、

NAKAぴょんのエコ・アートな感性が、

絶妙なバランスを見せる。


ショーの床はグリーン鮮やかな芝生でした。

22:37

Jun 2, 2007

WHITE LION

すっかり髪がのびてしまつて、ライオンのようになっちゃいました。

そろそろ髪切りに行かないとなあ。


このプラチナホワイトにしてから、もう10年ちかくなりますか。

「染めてる」ではなく、黒を「抜いてる」のです。

月いちくらいで色を抜いてます。
(業界用語でブリーチっていう)

よく「色抜くとき肌が痛くない?」って聞かれるのですが、なぜか痛くないのですよ。

頭皮が鈍いんでしょうか。
慣れかもしれません。
髪そのものは痛みますが。


思い返せば、赤やら青やらグリーンやら、さまざまな色に染めてきたけど、今はこれがしっくりきてますね。

なんか、一番自分にとってナチュラルというか。
気分的に自然になれる。


初めて髪を白くしたとき。
本当に心が軽くなって、もう足が宙に浮く気分でしたね。
やっと自分を取り戻した。
なぜかそんな気持ちで。


ずっと同んなじサロンでやってもらってます。

3時間くらいかかるんですが、
この3時間がぼくにはひと息つける、休息みたいなものなんですよ。

21:34